会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

サルビアノール酸BとタンシノンⅡAスルホン酸ナトリウムは、抗炎症作用と抗線維化作用の過程を経て肺線維症を予防する | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Eur. J. Pharmacol..2020 Jul;883:173352. S0014-2999(20)30444-1. doi: 10.1016/j.ejphar.2020.173352.Epub 2020-07-06.

サルビアノール酸BとタンシノンⅡAスルホン酸ナトリウムは、抗炎症作用と抗線維化作用の過程を経て肺線維症を予防する

Salvianolic acid B and sodium tanshinone II A sulfonate prevent pulmonary fibrosis through anti-inflammatory and anti-fibrotic process.

  • Linxia Jiang
  • Jianhong Wang
  • Jiarui Ju
  • Jundong Dai
PMID: 32645333 DOI: 10.1016/j.ejphar.2020.173352.

抄録

肺線維症(PF)は、間質性の炎症と線維化を特徴とする間質性肺疾患である。サルビアミルチオールヒザの代表的な成分であるサルビア酸B(SAB)とタンシノンIIAスルホン酸ナトリウム(STS)はPFの治療に使用されていることが報告されている。本研究の目的は、PFの過程における炎症の役割を説明し、SABおよびSTSの炎症および線維化に対する効果をin vitroで検討することであった。その結果、リポ多糖類(LPS)刺激性炎症反応が線維芽細胞の増殖と線維芽細胞から筋線維芽細胞への形質転換(FMT)を誘導することが明らかになった。SABとSTSの両方は、IL-1βとTNF-αのタンパク質発現レベルとIL1BとTNFFAのmRNA発現レベルをダウンレギュレートすることを含む、in vitroでのLPS誘発性炎症を有意に抑制した。さらに、SABおよびSTSは、TGF-β1によるMRC-5細胞の増殖を抑制し、α-SMAおよびCOL1α1の過剰発現を抑制した。以上の結果から、PFの発症には炎症反応が必要であり、PFに対するSABとSTSの治療効果は抗炎症作用と抗線維化作用に関係している可能性が示唆された。

Pulmonary fibrosis (PF) is an interstitial lung disease characterized by interstitial inflammation and fibrosis. Salvianolic acid B (SAB) and sodium tanshinone IIA sulfonate (STS) are representative components in Salvia miltiorrhiza, which have been reported using in the treatment of PF. The aim of the study was to explain the role of inflammation in the process of PF and to investigate the effect of SAB and STS on inflammation and fibrosis in vitro. The results clearly indicated that lipopolysaccharide (LPS)-stimulated inflammatory response could induce fibroblast proliferation and fibroblast to myofibroblast transformation (FMT). Both SAB and STS significantly inhibited LPS-induced inflammation in vitro, including down-regulated the protein expression levels of IL-1β and TNF-α and the mRNA expression levels of IL1B and TNFA. Furthermore, both SAB and STS inhibited TGF-β1-induced the proliferation in MRC-5 cells and the overexpression of α-SMA and COL1α1, both the protein and mRNA levels. In conclusion, these results indicate that the inflammatory response is necessary for the development of PF, and the therapeutic effect of SAB and STS on PF may be related to anti-inflammatory and anti-fibrotic effects.

Copyright © 2020 Elsevier B.V. All rights reserved.