会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

蝶形骨前骨の形態学的変化と先端巨大症の他のランドマーク。解剖学的考察と内視鏡下垂体手術における意味 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Neurol India.2020 May-Jun;68(3):573-578. ni_2020_68_3_573_288996. doi: 10.4103/0028-3886.288996.

蝶形骨前骨の形態学的変化と先端巨大症の他のランドマーク。解剖学的考察と内視鏡下垂体手術における意味

Morphometric Alterations of the Sphenoid Ostium and other Landmarks in Acromegaly: Anatomical Considerations and Implications in Endoscopic Pituitary Surgery.

  • Niranjana Rajagopal
  • Sumit Thakar
  • Vinay Hegde
  • Saritha Aryan
  • Alangar S Hegde
PMID: 32643665 DOI: 10.4103/0028-3886.288996.

抄録

背景:

蝶形骨骨盤(SO)は、内視鏡外科医にとって重要なランドマークである。蝶形骨骨盤の大きさと位置の変化、および先端egalicにおける他の頭蓋底のランドマークの変化は十分に評価されていませんでした。

Background: The sphenoid ostium (SO) is an important landmark for the endoscopic surgeon. Changes in size and position of the SO and variations in other skull base landmarks in acromegalics have not been adequately evaluated.

目的:

著者らは、先端巨大症におけるSOおよびその他のランドマークの形態および位置を評価し、これらの所見を非機能性下垂体腺腫(NFPAs)の所見と比較した。

Aims: The authors evaluated the morphometry and location of the SO and other landmarks in acromegaly and compared these findings with those in nonfunctioning pituitary adenomas (NFPAs).

方法:

このレトロスペクティブな症例対照研究では、成長ホルモン(GH)分泌性腺腫患者18人を対象に、SOおよび他の頭蓋底のランドマークの寸法および位置を放射線学的に評価した。これらの所見を術前のGHレベルとの関連で解析し、年齢および性別をマッチさせた18人のNFPAsを有する対照群と比較した。

Methods: In this retrospective case-control study, the dimensions and location of the SO and other skull base landmarks were radiologically evaluated in 18 patients with growth hormone (GH)-secreting adenomas. These findings were analyzed in relation to preoperative GH levels and compared with 18 age- and sex-matched controls with NFPAs.

結果:

SOの寸法はGH-adenomaグループで有意に大きかった(P < 0.05)。SOはGH-adenoma群では正中線からさらに離れ(P = 0.04)、蝶形口蓋骨孔(SPF)に近く(P = 0.02)、この所見は術前のGHレベルの上昇と相関していた。先端egalic群では、NFPAs群に比べて頸動脈内径が大きく(P = 0.05)、頸動脈間距離が小さかった(P = 0.02)。

Results: The dimensions of the SO were significantly larger in the GH-adenoma group (P < 0.05). The SO was further from the midline (P = 0.04) and closer to the sphenopalatine foramen (SPF) (P = 0.02) in the GH-adenoma group, and this finding correlated with increasing preoperative GH levels. Acromegalics demonstrated larger intracavernous carotid diameters (P = 0.05) and smaller intercarotid distances than the patients with NFPAs (P = 0.02).

結論:

GH腺腫の患者では、SOはより大きく、蝶形骨の顔面の上方に位置し、SPFに近い。これらの患者におけるGHレベルの増加は、SOの上向きおよび横方向の変位と相関している。これらの患者では、NFPAs患者よりも頸動脈内径が大きく、頸動脈間距離が小さいことが示されている。これらの形態学的変化は下垂体外科医にとって特に重要である。

Conclusion: The SO is larger and located higher up in the sphenoid face and closer to the SPF in patients with GH adenomas. Increasing GH levels in these patients correlate with the upward and lateral displacement of the SO. These patients demonstrate larger intracavernous carotid diameters and smaller intercarotid distances than patients with NFPAs. These morphological alterations are of particular relevance to the pituitary surgeon.