会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

閉経後の骨粗鬆症の管理に更年期ホルモン療法の役割はあるのか? | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Osteoporos Int.2020 Jul;10.1007/s00198-020-05497-8. doi: 10.1007/s00198-020-05497-8.Epub 2020-07-08.

閉経後の骨粗鬆症の管理に更年期ホルモン療法の役割はあるのか?

Is there a role for menopausal hormone therapy in the management of postmenopausal osteoporosis?

  • S Rozenberg
  • N Al-Daghri
  • M Aubertin-Leheudre
  • M-L Brandi
  • A Cano
  • P Collins
  • C Cooper
  • A R Genazzani
  • T Hillard
  • J A Kanis
  • J-M Kaufman
  • I Lambrinoudaki
  • A Laslop
  • E McCloskey
  • S Palacios
  • D Prieto-Alhambra
  • J-Y Reginster
  • R Rizzoli
  • G Rosano
  • F Trémollieres
  • N C Harvey
PMID: 32642851 DOI: 10.1007/s00198-020-05497-8.

抄録

我々は、最近閉経した女性の骨格の健康維持と将来の骨折予防のための更年期ホルモン療法(MHT)の使用に関するエビデンスベースとガイダンスを提供する。最近数十年の間、副作用に関する論争があり、その使用が制限されてきたにもかかわらず、閉経後の骨粗鬆症の管理における閉経直後のMHTの潜在的な役割がますます認識されるようになってきている。我々は、閉経後の骨粗鬆症の管理にMHTを使用することの利点とリスクについて、叙述的なレビューを提示する。現在の文献では、プロゲストーゲンとの併用に関わらず、BMDが低い患者を選択しない場合にMHTの骨折防止効果が高いことが示唆されていますが、治療を中止した後も骨折防止効果が持続するというエビデンスは限られています。副作用には心血管イベント、血栓塞栓症、脳卒中、乳がんなどがありますが、効果・リスクプロファイルは、対向性と非対向性のエストロゲンの使用法、エストロゲン/プロゲストーゲンの種類、投与量と投与経路、心血管イベントについてはMHTの使用時期によって異なります。全体的に見て、最近(10年未満)更年期になった女性、更年期症状があり、60歳未満の女性で、有害事象のベースラインリスクが低い女性にMHTを投与することは、ベネフィット・リスクプロファイルから支持されます。MHTは、女性の骨格の健康を維持するための選択肢の一つとして、特に更年期症状の治療の文脈で、更年期に開始された場合、またはその後間もなく、個別化されたベネフィット・リスク評価の文脈で、追加的なベネフィットとして考慮されるべきです。

We provide an evidence base and guidance for the use of menopausal hormone therapy (MHT) for the maintenance of skeletal health and prevention of future fractures in recently menopausal women. Despite controversy over associated side effects, which has limited its use in recent decades, the potential role for MHT soon after menopause in the management of postmenopausal osteoporosis is increasingly recognized. We present a narrative review of the benefits versus risks of using MHT in the management of postmenopausal osteoporosis. Current literature suggests robust anti-fracture efficacy of MHT in patients unselected for low BMD, regardless of concomitant use with progestogens, but with limited evidence of persisting skeletal benefits following cessation of therapy. Side effects include cardiovascular events, thromboembolic disease, stroke and breast cancer, but the benefit-risk profile differs according to the use of opposed versus unopposed oestrogens, type of oestrogen/progestogen, dose and route of delivery and, for cardiovascular events, timing of MHT use. Overall, the benefit-risk profile supports MHT treatment in women who have recently (< 10 years) become menopausal, who have menopausal symptoms and who are less than 60 years old, with a low baseline risk for adverse events. MHT should be considered as an option for the maintenance of skeletal health in women, specifically as an additional benefit in the context of treatment of menopausal symptoms, when commenced at the menopause, or shortly thereafter, in the context of a personalized benefit-risk evaluation.