国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

若年患者にみられた高血糖性血小板炎の1例 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Cureus.2020 Jun;12(6):e8483. doi: 10.7759/cureus.8483.Epub 2020-06-07.

若年患者にみられた高血糖性血小板炎の1例

A Rare Case of Hyperglycemic-Hemichorea in a Young Patient.

  • Meraj Fatima
  • Mohsin Iqbal
  • Saira Abbas
  • Deepak Kumar
  • Fnu Jitidhar
PMID: 32642387 PMCID: PMC7336583. DOI: 10.7759/cureus.8483.

抄録

脈絡膜は、異常な、非リズム性の、目的のない手足の動きである。脈絡膜の原因となる疾患は数多くありますが、長期にわたる高血糖症が原因となることもあり、一般的には体の片側に症状が現れます。脳のMRIは診断ツールとして追加されており、一般的にT1強調画像上で基底核の病変が高強度であることを示している。高血糖症に伴う血栓症は可逆的で頻度の低いものであり、インスリンとハロペリドールの併用療法で管理するのが最善である。ここでは、インスリンとハロペリドールの併用療法で2ヵ月以内に症状が完全に消失した高血糖性-hemichoreaの患者について検討した。

Chorea is an abnormal, nonrhythmic, and purposeless movement of limbs. There is a long list of diseases responsible for chorea; long-standing hyperglycemia can sometimes result in it, which typically manifests on one side of the body. MRI brain is an added diagnostic tool, which commonly shows hyperintense basal ganglia lesion on T1-weighted images. Chorea in the context of hyperglycemia is a reversible and infrequent occurrence, best managed with insulin and haloperidol combination therapy. Here, we discuss a patient with hyperglycemic-hemichorea, whose symptoms resolved completely within two months of taking insulin and haloperidol.

Copyright © 2020, Fatima et al.