会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

AP5Z1遺伝子に新規変異を認めた痙性麻痺48の1例 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Rinsho Shinkeigaku.2020 Jul;doi: 10.5692/clinicalneurol.60.cn-001419.Epub 2020-07-07.

AP5Z1遺伝子に新規変異を認めた痙性麻痺48の1例

[A case of spastic paraplegia 48 with a novel mutation in the AP5Z1 gene].

  • Kyoko Maruta
  • Masahiro Ando
  • Takanobu Otomo
  • Hiroshi Takashima
PMID: 32641631 DOI: 10.5692/clinicalneurol.60.cn-001419.

抄録

痙性麻痺48(SPG48)の追加患者について述べる。歩行障害が徐々に増加している52歳女性が当院に入院した.47歳の時に知人に歩行障害を指摘された。48歳で歩行障害の悪化が認められた.50歳で痙性歩行となり,54歳で杖を必要とした.兄にも同様の歩行障害がありました。血縁関係は不明であった。52歳の神経学的検査では痙縮と下肢の中等度の脱力が認められた。全肢に痙縮と活発な反射が認められた。HTLV-1抗体価を含む臨床検査では異常は認められなかった.MRIでは、体液減衰反転回復像で軽度の冠状動脈狭窄と顕著な前脳室周囲亢進が認められた。四肢筋では、筋電図(EMG)で干渉の減少を含む慢性的な神経原性パターンを示した。遺伝子解析の結果、アダプター関連タンパク質複合体5サブユニットゼータ1(AP5Z1)のエクソン7に複合ホモ接合性が認められ、この患者では新規フレームシフト変異(c.1662_1672del;p.Glu554Hfs*15)を含む複合ホモ接合性が認められました。このフレームシフト変異は、American College of Medical Genetics and Genomicsの基準およびガイドラインによると、病原性変異と考えられています。臨床的特徴、画像所見および遺伝子異常に基づき、この患者をSPG48と診断した。SPG48は、AP-5のζサブユニットをコードするAP5Z1の変異が原因である。SPG48で変異したAP-5アダプタータンパク質複合体は、スパスチジンとスパタキシンの両方に結合します。遺伝性の痙性麻痺は一般的に臨床的にも遺伝的にも異質であるが、SPG48、SPG11、およびSPG15は臨床的にも類似している。

We describe an additional patient with spastic paraplegia 48 (SPG48). A 52-year-old woman with gradually increasing gait disturbance was admitted to our hospital. When she was 47 years old, acquaintances noted a shuffling gait. Gait worsening was evident at 48 years. Spastic gait was apparent at 50, and she required a walking stick at 54. Her elder brother had similar gait disturbance. No consanguinity was known. Neurologic examination at 52 disclosed spasticity and moderate weakness in the lower limbs. Spasticity and brisk reflexes in all limbs. Laboratory studies including HTLV-1 titer detected no abnormalities. MRI demonstrated mild corpus callosum narrowing and prominent anterior periventricular hyperintensities in fluid attenuation inversion recovery images. In limb muscles, electromyography (EMG) showed a chronic neurogenic pattern including reduced interference. Gene analysis identified compound homozygosity in exon 7 of adaptor-related protein complex 5 subunit zeta 1 (AP5Z1), including a novel frameshift mutation, c.1662_1672del;p.Glu554Hfs*15 in the patient, and a heterozygous missense mutation in asymptomatic family members, including her mother, two siblings, and a daughter. The frameshift mutation is considered a pathogenic variant according to American College of Medical Genetics and Genomics standards and guidelines. Based on clinical features, imaging findings and genetic abnormalities, we diagnosed this patient with SPG48. Mutations in AP5Z1, which encodes the ζ subunit of AP-5, underlie SPG48. The AP-5 adaptor protein complex, which is mutated in SPG48, binds to both spastizin and spatacsin. While hereditary spastic paraplegias generally are clinically and genetically heterogenous, SPG48, SPG11, and SPG15 are clinically similar.