国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

Hormonal Blood Pressure Regulationduring General Anesthesia Usinga Standardized Propofol Dosagein Children and Adolescents SeemsNot to be Affected by Body Weight | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Clin Med.2020 Jul;9(7). E2129. doi: 10.3390/jcm9072129.Epub 2020-07-06.

Hormonal Blood Pressure Regulationduring General Anesthesia Usinga Standardized Propofol Dosagein Children and Adolescents SeemsNot to be Affected by Body Weight

Hormonal Blood Pressure Regulationduring General Anesthesia Usinga Standardized Propofol Dosagein Children and Adolescents SeemsNot to Be Affected by Body Weight.

  • Gunther Hempel
  • Anne-Marie Maier
  • Tobias Piegeler
  • Sebastian N Stehr
  • Jürgen Kratzsch
  • Claudia Höhne
PMID: 32640705 DOI: 10.3390/jcm9072129.

抄録

小児外科患者の肥満は麻酔科医にとっての課題である。潜在的に有益な特性にもかかわらず、プロポフォールは低血圧を誘発する可能性がある。この研究では,過体重児の投与量を調整することで低血圧を回避できるかどうか,また,麻酔下の小児におけるホルモン調節に違いがあるかどうかを検討した.この前向き観察試験には、全身麻酔下で手術を受ける 59 例の小児が登録された。参加者はBMIにより2群に分けられた。麻酔導入はプロポフォール(「過体重」:2mg/kgBW,「常用」:3.2mg/kgBW)を用いて行った。麻酔の維持は全静脈内麻酔で行った。レニン、アンジオテンシンⅡ、アルドステロン、コペプチン、ノルエピネフリン、エピネフリンのホルモン値を異なるタイミングで評価した。血圧は両群ともプロポフォール投与後に低下し、投与2分後に直下したが、低下の強さには両群間で有意差はなかった。その結果、レニン、アンジオテンシン、アルドステロンの血漿中濃度が上昇し、エピネフリン、ノルエピネフリン、コペプチンの濃度が低下した。過体重児におけるプロポフォールの投与量を調整することで,切開前低血圧の発生率を,非調整プロポフォール投与時の正常体重児のレベルまで低下させることができた.ホルモンカウンターの調節は両群で同等であった。アルギニンバソプレシンの指標となるカテコールアミンとコペプチンの放出はプロポフォールによって抑制されているようであった。

Obesity in pediatric surgical patients is a challenge for the anesthesiologist. Despite potentially beneficial properties, propofol might also induce hypotension. This study examined whether a dose adjustment in overweight children could avoid hypotension and if there would be differences regarding hormonal regulation in children under anesthesia. Fifty-nine children undergoing surgery under general anesthesia were enrolled in this prospective observational trial. Participants were allocated into two groups according to their BMI. The induction of anesthesia was conducted using propofol ("overweight": 2 mg/kgBW, "regular": 3.2 mg/kgBW). The maintenance of anesthesia was conducted as total intravenous anesthesia. Hormone levels of renin, angiotensin II, aldosterone, copeptin, norepinephrine and epinephrine were assessed at different timepoints. Blood pressure dropped after the administration of propofol in both groups, with a nadir 2 min after administration-but without a significant difference in the strength of reduction between the two groups. As a reaction, an increase in the plasma levels of renin, angiotensin and aldosterone was observed, while levels of epinephrine, norepinephrine and copeptin dropped. By adjusting the propofol dosage in overweight children, the rate of preincision hypotension could be reduced to the level of normal-weight patients with a non-modified propofol dose. The hormonal counter regulation was comparable in both groups. The release of catecholamines and copeptin as an indicator of arginine vasopressin seemed to be inhibited by propofol.