会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

初潮時年齢の候補遺伝子は子宮内膜過形成と関連している | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Gene.2020 Jul;757:144933. S0378-1119(20)30602-8. doi: 10.1016/j.gene.2020.144933.Epub 2020-07-05.

初潮時年齢の候補遺伝子は子宮内膜過形成と関連している

Candidate genes for age at menarche are associated with endometrial hyperplasia.

  • Irina Ponomarenko
  • Evgeny Reshetnikov
  • Alexey Polonikov
  • Inna Sorokina
  • Anna Yermachenko
  • Volodymyr Dvornyk
  • Mikhail Churnosov
PMID: 32640302 DOI: 10.1016/j.gene.2020.144933.

抄録

目的:

初潮時年齢の候補遺伝子と子宮内膜過形成(EH)のリスクとの関連を調べる。

OBJECTIVES: To study associations candidate genes for age at menarche with a risk of endometrial hyperplasia (EH).

方法:

520人の患者と981人の対照者のサンプルを対象に、EHとの関連性の可能性について、初潮時年齢に関する52の候補遺伝子座が解析されました。多型の関連性をロジスティック回帰法を用いて解析しました。遺伝子と遺伝子環境の相互作用を MB-MDR を用いて解析しました。EHと関連する21の多型と、それに関連する397の多型(r≧0.8)をインシリコで機能的意義を解析した。

METHODS: 52 candidate loci for age at menarche were analyzed for possible association with EH in a sample of 520 patients and 981 controls. Association of the polymorphisms was analyzed using the method of logistic regression. The gene-gene and gene-environment interactions were analyzed using MB-MDR. 21 polymorphisms, which were associated with EH, and 397 polymorphisms linked to them (r ≥ 0.8) were analyzed in silico for their functional significance.

結果:

調査した52種類の多型のうち21種類がEHと関連していた。FSHB座rs11031010は、ドミナントモデル(OR=0.62、p=0.001)および相加的モデル(OR=0.67、p=0.002)によると、個別にEHと関連していた。FSHB遺伝子座rs555621-rs11031010-rs1782507のハプロタイプGAAは、EHと関連していた(OR=0.66、p=0.007)。17の遺伝子座がEHと関連していたのは、12の最も有意な遺伝子間相互作用モデルの範囲内であった(p≦0.001)。LHCGR遺伝子のrs4374421遺伝子座が最も多くのモデルに出現した(4モデル)。SNP、誘発流産、慢性子宮内膜炎の間の相互作用の14の最も有意なモデルに関与した9つの遺伝子座は、EHと関連していた。FTO (rs12324955) と FSHB (rs11031010) の遺伝子多型が最も多くのモデルに登場した (それぞれ 9 個と 6 個)。EHに関連する21の遺伝子座のうち、16の遺伝子座は、初潮年齢(7SNP)や身長・BMI(13SNP)にも関連していました。上記の21のSNPとそれに関連する397のSNPは、女性生殖器の発達とホルモン介在性シグナル伝達に関連する経路で役割を果たしている25の遺伝子について、非同義、調節性、eQTL有意性を持っています(FDR≤0.05)。

RESULTS: 21 out of the 52 studied polymorphisms had association with EH. Locus rs11031010 FSHB was individually associated with the disease according to the dominant (OR = 0.62, p = 0.001) and additive (OR = 0.67, p = 0.002) models. Haplotype GAA of loci rs555621-rs11031010-rs1782507 FSHB were associated with the EH (OR = 0.66, p = 0.007). Seventeen loci were associated with EH within 12 most significant models of intergenic interactions (p ≤ 0.001). Locus rs4374421 of the LHCGR gene appeared in the largest number of models (four models). Nine loci involved in 14 most significant models of interactions between SNP, induced abortions, and chronic endometritis were associated with EH. The polymorphisms of genes FTO (rs12324955) and FSHB (rs11031010) appeared in the largest number of the models (9 and 6, respectively). Among the 21 loci associated with EH, 16 manifested association also with either age at menarche (7 SNPs) or height and/or BMI (13 SNPs). The above 21 SNPs and 397 SNPs linked to them have non-synonymous, regulatory and eQTL significance for 25 genes, which play roles in the pathways related to development of the female reproductive organs and hormone-mediated signaling (FDR ≤ 0.05).

結論:

晩婚化年齢の候補遺伝子は子宮内膜過形成と関連していた。

CONCLUSIONS: Candidate genes for age at menarche are associated with endometrial hyperplasia.

Copyright © 2020 Elsevier B.V. All rights reserved.