会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ネトαはショウジョウバエ神経筋接合部のシナプス組織と恒常性を制御している | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Cell Rep.2020 Jul;32(1):107866. S2211-1247(20)30847-0. doi: 10.1016/j.celrep.2020.107866.

ネトαはショウジョウバエ神経筋接合部のシナプス組織と恒常性を制御している

Neto-α Controls Synapse Organization and Homeostasis at the Drosophila Neuromuscular Junction.

  • Tae Hee Han
  • Rosario Vicidomini
  • Cathy Isaura Ramos
  • Qi Wang
  • Peter Nguyen
  • Michal Jarnik
  • Chi-Hon Lee
  • Michal Stawarski
  • Roberto X Hernandez
  • Gregory T Macleod
  • Mihaela Serpe
PMID: 32640231 DOI: 10.1016/j.celrep.2020.107866.

抄録

グルタミン酸受容体補助タンパク質は、受容体の分布と機能を制御し、最終的にはシナプスの組み立て、成熟、可塑性を制御しています。ショウジョウバエの神経筋接合部(NMJ)では、シナプス前とシナプス後の両方のカイナート型グルタミン酸受容体(KAR)が存在する。遺伝学、細胞生物学、電気生理学を用いて、ネトαがNMJの両側で機能していることを明らかにした。筋では、ネトαはシナプス後の受容体場の大きさを制限する。運動ニューロンでは、ネトαはKAR依存的に神経伝達物質の放出を制御しています。また、Neto-αはシナプス後感受性の低下に対応してシナプス前の神経伝達物質放出を増加させるために必要かつ十分な役割を果たしています。このようなKARに依存しないNeto-αの機能は、活動性誘導性のサイトマトリクスリモデリングに関与していることが示唆された。ショウジョウバエでは、発現パターンや活性が異なる2つのNetoアイソフォームを獲得することで、NMJの機能を確保していると考えられます。

Glutamate receptor auxiliary proteins control receptor distribution and function, ultimately controlling synapse assembly, maturation, and plasticity. At the Drosophila neuromuscular junction (NMJ), a synapse with both pre- and postsynaptic kainate-type glutamate receptors (KARs), we show that the auxiliary protein Neto evolved functionally distinct isoforms to modulate synapse development and homeostasis. Using genetics, cell biology, and electrophysiology, we demonstrate that Neto-α functions on both sides of the NMJ. In muscle, Neto-α limits the size of the postsynaptic receptor field. In motor neurons (MNs), Neto-α controls neurotransmitter release in a KAR-dependent manner. In addition, Neto-α is both required and sufficient for the presynaptic increase in neurotransmitter release in response to reduced postsynaptic sensitivity. This KAR-independent function of Neto-α is involved in activity-induced cytomatrix remodeling. We propose that Drosophila ensures NMJ functionality by acquiring two Neto isoforms with differential expression patterns and activities.

Published by Elsevier Inc.