国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

上気道感染症に対する心理社会的脆弱性.コロナウイルス感染症への感受性への示唆2019(COVID-19) | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Perspect Psychol Sci.2020 Jul;:1745691620942516. doi: 10.1177/1745691620942516.Epub 2020-07-08.

上気道感染症に対する心理社会的脆弱性.コロナウイルス感染症への感受性への示唆2019(COVID-19)

Psychosocial Vulnerabilities to Upper Respiratory Infectious Illness: Implications for Susceptibility to Coronavirus Disease 2019 (COVID-19).

  • Sheldon Cohen
PMID: 32640177 PMCID: PMC7345443. DOI: 10.1177/1745691620942516.

抄録

私たちの研究室では、上気道に影響を与えるウイルスに曝露されたときに誰が病気になるかを予測する心理社会的要因の特定に35年間取り組んできました。この問題を追求するために、我々はユニークなウイルスチャレンジのデザインを用いて、健康な成人の行動的、社会的、心理的要因を評価した。その後、これらの成人を風邪またはインフルエンザウイルスに曝露し、5~6日間隔離して呼吸器疾患の発症をモニターした。ウイルス曝露後の呼吸器疾患のリスク増大と関連する因子として、喫煙、不十分なビタミンCの摂取、慢性的な心理的ストレスが挙げられた。リスクの低下に関連する因子には、社会的統合、社会的支援、身体活動、十分かつ効率的な睡眠、適度なアルコール摂取が含まれていた。我々は、我々の知見が、コロナウイルス疾患2019(COVID-19)の原因ウイルスである重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)に曝露されたときに誰が病気になるかを特定するための意味合いを持つ可能性があることを慎重に示唆している。この議論は、我々が報告する関連性が複数の呼吸器ウイルスにわたって複製可能であり、風邪やインフルエンザに心理社会的要因を結びつけるために発見された経路が、COVID-19においても同様の役割を果たす可能性があるという証拠に基づいている。

For 35 years, our laboratory has been involved in identifying psychosocial factors that predict who becomes ill when they are exposed to a virus affecting the upper respiratory tract. To pursue this question, we used a unique viral-challenge design in which we assessed behavioral, social, and psychological factors in healthy adults. We subsequently exposed these adults to a cold or influenza virus and then monitored them in quarantine for 5 to 6 days for onset of respiratory illness. Factors we found to be associated with greater risk of respiratory illnesses after virus exposure included smoking, ingesting an inadequate level of vitamin C, and chronic psychological stress. Those associated with decreased risk included social integration, social support, physical activity, adequate and efficient sleep, and moderate alcohol intake. We cautiously suggest that our findings could have implications for identifying who becomes ill when exposed to severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2), the virus responsible for coronavirus disease 2019 (COVID-19). This argument is based on evidence that the associations we report are replicable across multiple respiratory viruses and that the pathways found to link psychosocial factors to colds and influenza may play similar roles in COVID-19.