国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ジェンダー・アイデンティティ、性的指向、メンタルヘルスに関する遺伝子研究に対するコミュニティの態度 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
PLoS ONE.2020;15(7):e0235608. PONE-D-19-33750. doi: 10.1371/journal.pone.0235608.Epub 2020-07-08.

ジェンダー・アイデンティティ、性的指向、メンタルヘルスに関する遺伝子研究に対するコミュニティの態度

Community attitudes on genetic research of gender identity, sexual orientation, and mental health.

  • Taylor R Thomas
  • Dabney Hofammann
  • Brooke G McKenna
  • Anna I R van der Miesen
  • Mark A Stokes
  • Peter Daniolos
  • Jacob J Michaelson
PMID: 32639994 PMCID: PMC7343141. DOI: 10.1371/journal.pone.0235608.

抄録

性はメンタルヘルスにおける重要な要素であり、性と性別の変化がメンタルヘルスにどのように影響を及ぼすかという非バイナリーな視点は、新たな洞察をもたらす可能性のある研究の新境地を示している。近年、性的指向、性自認、メンタルヘルスに関する研究が加速していますが、これは一般的に、性的マイノリティやジェンダーマイノリティ(SGM)の研究に対する意見が十分に理解されていないままに行われてきました。本研究では、LGBTQ+の利害関係者を充実させた768人を対象に、SGMやメンタルヘルスに関する遺伝子研究に対する意見を調査しました。その結果、SGMに特化した遺伝研究に対する態度の主要な予測因子は、1)遺伝研究やメンタルヘルス研究に対する一般的な態度 2)SGMと関連する行動に対する寛容さ 3)参加者の年齢であることがわかりました。異性愛者でないステークホルダーの地位は、性同一性の生物学的根拠が発見された場合、遺伝学的研究への参加意欲の増加と有意に関連していた。また、SGMに対する寛容度が低い異性愛者、シスジェンダーの参加者は、行動やアイデンティティに生物学的根拠が科学的に示された場合、SGMの見解が積極的に更新されると示唆していた。これらの知見は、遺伝子研究の文脈でLGBTQ+のステークホルダー・コミュニティを理解し、関与させるための重要な第一歩である。

Sex is an important factor in mental health, and a non-binary view of how variation in sex and gender influence mental health represents a new research frontier that may yield new insights. The recent acceleration of research into sexual orientation, gender identity, and mental health has generally been conducted without sufficient understanding of the opinions of sexual and gender minorities (SGM) toward this research. We surveyed 768 individuals, with an enrichment of LGBTQ+ stakeholders, for their opinions regarding genetic research of SGM and mental health. We found that the key predictors of attitudes toward genetic research specifically on SGM are 1) general attitudes toward genetic and mental health research 2) tolerance of SGM and associated behaviors and 3) age of the participant. Non-heterosexual stakeholder status was significantly associated with increased willingness to participate in genetic research if a biological basis for gender identity were discovered. We also found that heterosexual, cisgender participants with a low tolerance for SGM indicated their SGM views would be positively updated if science showed a biological basis for their behaviors and identities. These findings represent an important first step in understanding and engaging the LGBTQ+ stakeholder community in the context of genetic research.