会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

メキシコにおける死亡率の自殺負担の研究 1990-2017 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Rev Bras Epidemiol.2020;23:e200069. S1415-790X2020000100457. doi: 10.1590/1980-549720200069.Epub 2020-07-06.

メキシコにおける死亡率の自殺負担の研究 1990-2017

Study of suicide burden of mortality in México 1990-2017.

  • Claudio Alberto Dávila Cervantes
  • Ana Melisa Pardo Montaño
PMID: 32638855 DOI: 10.1590/1980-549720200069.

抄録

目的:

第一の目的は、1990年から2017年までのメキシコにおける自殺死亡率の負担のレベルと傾向を、国と州の規模で分析することであった。

OBJECTIVE: The primary goal was to analyze the level and trend of the burden of suicide mortality in Mexico between 1990 and 2017 at a national and state scale.

方法:

2017年の世界疾病負担調査に基づく二次解析。早死(YLL)による死亡率と失われた年数を報告した。YLLの傾向を解析するために、対数線形モデルに基づく結合点回帰分析を用いた。

METHODS: A secondary analysis based on the 2017 global burden of disease study. Mortality rates and years of life lost due to premature death (YLL) were reported here. A joinpoint regression analysis based on a log-linear model was used to analyze the trend of YLL.

結果:

メキシコでは自殺による疾病負担は主に若い男女で増加しているが、高齢者での増加は医療制度の課題の一つである。疾病の負担は州によって大きく異なっていた。調査期間中、男性の死亡率は女性の死亡率よりも高かったが、男女間の差は縮小する傾向にあった。また、メキシコでは自殺による疾病負担の二峰性のパターンが観察され、15~19歳の年齢層で死亡率が高く、85歳以上の年齢層で有意に増加していた。

RESULTS: The burden of disease due to suicides increased in Mexico, mainly in young males and females; though the raise that happened in the elderly is an additional challenge for the health system. The burden of disease varied substantially between states. The male mortality rates were higher than those of females during the whole period under study, nonetheless with a trend to reduce the difference between the sexes. A bimodal pattern of the burden of disease due to suicide in Mexico was also observed, with the higher rates located in those aged between 15 and 19 years, and an important increase in people older than 85 years of age.

結論:

これらの結果は、社会的、経済的、健康的な観点からだけでなく、公共政策の必要性からも憂慮すべき姿を示している。このような状況は、タイムリーな特定行動、包括的な多部門予防戦略、自殺に関連する危険因子の詳細な研究を実施する必要性についての警鐘を意味しています。

CONCLUSION: These results show a worrisome picture, not only from a social, economic and health point of view but also from the needs of public policies. This situation represents a wake-up call about the need to implement timely identification actions, a comprehensive multisectoral prevention strategy and the detailed study of suicide associated risk factors.