会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

治療抵抗性うつ病におけるエスケタミン皮下投与の血圧・心拍数への影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Psychopharmacol. (Oxford).2020 Jul;:269881120922955. doi: 10.1177/0269881120922955.Epub 2020-07-08.

治療抵抗性うつ病におけるエスケタミン皮下投与の血圧・心拍数への影響

Effects of subcutaneous esketamine on blood pressure and heart rate in treatment-resistant depression.

  • Lorena Catarina Del Sant
  • Luciana Maria Sarin
  • Eduardo Jorge Muniz Magalhães
  • Ana Cecília Lucchese
  • Marco Aurélio Tuena
  • Carolina Nakahira
  • Victor Augusto Rodovalho Fava
  • Rodrigo Delfino
  • Juliana Surjan
  • Matheus Souza Steiglich
  • Matheus Barbosa
  • Guilherme Abdo
  • Frederico Molina Cohrs
  • Aroldo Liberatori
  • José Alberto Del Porto
  • Acioly Luiz Tavares Lacerda
  • Jair de Jesus Mari
PMID: 32638662 DOI: 10.1177/0269881120922955.

抄録

序文と目的:

単極性および双極性治療抵抗性うつ病(TRD)患者の血圧(BP)および心拍数(HR)に対するエスケタミンの複数回皮下(s.c.)注射の影響は、十分に理解されていない。本研究の目的は、TRD患者におけるエスケタミンのs.c.反復投与の心血管系への安全性を評価することである。

INTRODUCTION AND OBJECTIVES: The impact of multiple subcutaneous (s.c.) esketamine injections on the blood pressure (BP) and heart rate (HR) of patients with unipolar and bipolar treatment-resistant depression (TRD) is poorly understood. This study aimed to assess the cardiovascular safety of multiple s.c. doses of esketamine in patients with TRD.

方法:

TRD患者70人に、394本のエスケタミンを週1回s.c.注射し、抗うつ薬の経口投与を6週間まで行った。週1回のエスケタミン投与量は、各患者の治療に対する反応に応じて0.5、0.75または1.0mg/kgであった。参加者は各治療の前に、その後は15分ごとに120分間モニターされた。治療コース全体の収縮期血圧(SBP)、拡張期血圧(DBP)、およびHR測定値を評価した。

METHODS: Seventy TRD patients received 394 weekly s.c. esketamine injections in conjunction with oral antidepressant therapy for up to six weeks. Weekly esketamine doses were 0.5, 0.75 or 1.0 mg/kg according to each patient's response to treatment. Participants were monitored before each treatment and every 15 minutes thereafter for 120 minutes. We assessed systolic blood pressure (SBP), diastolic blood pressure (DBP), and HR measurements for the entire treatment course.

結果:

血圧は最初のエスケタミン皮下注射後に上昇し、30~45分以内に4.87/5.54mmHgの最大平均SBP/DBPレベルに達した。モニタリング終了時(投与後120分)には、バイタルサインは治療前のレベルに戻っていた。エスケタミン0.5、0.75および1mg/kg投与時の血圧値に有意差は認められなかった。平均心拍数は用量間およびs.c.エスケタミン注射前後で有意差は認められなかった。

RESULTS: BP increased after the first s.c. esketamine injection, reaching maximum mean SBP/DBP levels of 4.87/5.54 mmHg within 30-45 minutes. At the end of monitoring, 120 minutes post dose, vital signs returned to pretreatment levels. We did not detect significant differences in BP between doses of 0.5, 0.75, and 1 mg/kg esketamine. Mean HR did not differ significantly between doses or before and after s.c. esketamine injection.

結論:

s.c.エスケタミンの反復投与で観察された血圧変化は軽度であり、1mg/kgまでの用量では忍容性が良好であった。s.c.投与は,肥満症,高血圧症,糖尿病,脂質異常症などの臨床合併症を有する患者に対しても,簡便で安全な投与方法である。しかし、14/70例の患者に治療開始時の一過性高血圧(SBP>180mmHgおよび/またはDBP>110mmHg)が認められた。そのため,エスケタミン投与後90分はBPをモニターすることを強く推奨する。s.c.エスケタミンは安価であり、投与頻度も少なく(週1回)、点滴に比べて簡便であることから、公衆衛生上の影響もあると考えられる。

CONCLUSIONS: The BP changes observed with repeated s.c. esketamine injections were mild and well tolerated for doses up to 1 mg/kg. The s.c. route is a simple and safe method of esketamine administration, even for patients with clinical comorbidities, including obesity, hypertension, diabetes, and dyslipidemia. However, 14/70 patients experienced treatment-emergent transient hypertension (SBP >180 mmHg and/or a DBP >110 mmHg). Therefore, we strongly recommend monitoring BP for 90 minutes after esketamine dosing. Since s.c. esketamine is cheap, requires less frequent dosing (once a week), and is a simpler procedure compared to intravenous infusions, it might have an impact on public health.