国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

小児および青年における片頭痛の静脈内治療 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Curr Pain Headache Rep.2020 Jul;24(8):45. 10.1007/s11916-020-00867-7. doi: 10.1007/s11916-020-00867-7.Epub 2020-07-08.

小児および青年における片頭痛の静脈内治療

Intravenous Migraine Treatment in Children and Adolescents.

  • Klaus G Werner
  • Sharoon Qaiser
  • Marielle A Kabbouche
  • Beverly Murphy
  • Ian Maconochie
  • Andrew D Hershey
PMID: 32638172 DOI: 10.1007/s11916-020-00867-7.

抄録

レビューの目的:

小児片頭痛は、小児および青年における一般的で慢性的な障害を伴う神経疾患である。外来での管理は常に有効とは限らず、小児救急科での頭痛治療には静脈内片頭痛管理が必要な場合もある。現在の治療法のほとんどはレトロスペクティブなエビデンスに基づいており、十分にデザインされた無作為化二重盲検対照小児研究が不足している。本論文では、点滴静注液、プロクロルペラジン、ジフェンヒドラミン、メトクロプラミド、デキサメタゾン、マグネシウム、バルプロ酸とプロポフォール、ジヒドロエルゴタミンを含む静脈内薬物治療薬についてレビューしている。

PURPOSE OF REVIEW: Pediatric migraine is a common, chronic, and disabling neurological disorder in children and adolescents. Outpatient management is not always effective, and intravenous migraine management may be necessary for headache treatment in the pediatric emergency department. Most current treatment is based on retrospective evidence and there is a lack of well-designed randomized double-blinded controlled pediatric studies. Intravenous drug treatment agents including intravenous fluids, prochlorperazine, diphenhydramine, metoclopramide, dexamethasone, magnesium, valproate and propofol, and dihydroergotamine are reviewed in this paper.

最近の研究成果:

19件の研究がレビューされ、その中にはプロスペクティブなランダム化二重盲検試験1件、単盲検ランダム化試験1件、プロスペクティブ試験1件、オープンラベルランダム化臨床試験1件が含まれている。ほとんどの研究はレトロスペクティブであり、研究の質は限られていた。これらの研究から明確な結論を導き出すことはできないが、主要な小児頭痛施設間での適切なプロスペクティブ試験は、小児片頭痛の静脈内管理を前進させるだろう。

RECENT FINDINGS: Nineteen studies were reviewed including one prospective randomized double-blind; one single-blinded randomized; one prospective; and one open-label, randomized clinical trial. Most studies were retrospective and the quality of the studies was limited. No definite conclusions can be drawn from the studies, but appropriate prospective trials between major pediatric headache institutions will move pediatric intravenous migraine management forward.