会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

大腸がん患者におけるイレオストミー閉鎖後の手術部位感染に対する陰圧創傷治療の評価:前向き多施設試験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Surg. Today.2020 Jul;10.1007/s00595-020-02068-6. doi: 10.1007/s00595-020-02068-6.Epub 2020-07-07.

大腸がん患者におけるイレオストミー閉鎖後の手術部位感染に対する陰圧創傷治療の評価:前向き多施設試験

Evaluation of negative-pressure wound therapy for surgical site infections after ileostomy closure in colorectal cancer patients: a prospective multicenter study.

  • Koichi Okuya
  • Ichiro Takemasa
  • Tetsuhiro Tsuruma
  • Ai Noda
  • Kenichi Sasaki
  • Tomomi Ueki
  • Mitsuhiro Mukaiya
  • Keita Saito
  • Kenji Okita
  • Toshihiko Nishidate
  • Emi Akizuki
  • Atsushi Hamabe
  • Masayuki Ishii
PMID: 32638132 DOI: 10.1007/s00595-020-02068-6.

抄録

目的:

手術部位感染症(SSI)は、イレオストミー閉鎖術後に高率で発生する。閉鎖創のSSI発症に対する予防的陰圧創傷療法(NPWT)の効果については、いまだに議論の余地がある。われわれは、予防的陰圧創傷療法(NPWT)が閉経後のSSIに対する有用性を評価するために、前向きの多施設共同研究を行った。

PURPOSE: Surgical site infection (SSI) occurs at a high rate after ileostomy closure. The effect of preventive negative-pressure wound therapy (NPWT) on SSI development in closed wounds remains controversial. We conducted a prospective multicenter study to evaluate the usefulness of preventive NPWT for SSI after ileostomy closure.

方法:

2018年1月から2018年11月にかけて、大腸がんの手術後に作成したイレオストミーの閉鎖術を受けた患者50例が本試験に参加した。手術直後に各創部にNPWT装置を装着し、その後3日間治療を継続した。一次エンドポイントは30日SSI、副次エンドポイントは血清腫、血腫、NPWTに関連する有害事象の発生率とした。

METHODS: From January 2018 to November 2018, 50 patients who underwent closure of ileostomy created after surgery for colorectal cancer participated in this study. An NPWT device was applied to each wound immediately after surgery and then treatment was continued for 3 days. The primary endpoint was 30-day SSI, and the secondary endpoints were the incidence of seroma, hematoma, and adverse events related to NPWT.

結果:

SSI、血清腫、血腫を発症した患者はいなかった。NPWTと因果関係があると考えられる有害事象は、2人の患者で接触性皮膚炎、1人の患者で創傷痛であり、NPWTの中止や減圧は認められなかった。

RESULTS: No patients developed SSI, seroma, or hematoma. Adverse events that may have been causally linked with NPWT were contact dermatitis in two patients and wound pain in one patient, and there were no cases of discontinuation or decompression of NPWT.

結論:

イレオストミー閉鎖後の NPWT の使用は、大腸がん患者における SSI の発生を軽減するために有用である可能性がある。本試験は前向きな多施設共同パイロット試験であり、これらの成功例をもとに比較試験を計画している。

CONCLUSION: The use of NPWT following ileostomy closure may be useful for reducing the development of SSI in colorectal cancer patients. This is a prospective multicenter pilot study and we are planning a comparative study based on these successful results.

トレイル登録:

登録番号。UMIN000032053 ( https://www.umin.ac.jp/ )。

TRAIL REGISTRATION: Registration number: UMIN000032053 ( https://www.umin.ac.jp/ ).