会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

新生児集中治療室におけるプロバイダーネットワークと滞在期間の関連 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
IEEE Conf Collab Internet Comput.2019 Dec;2019:127-134. doi: 10.1109/CIC48465.2019.00024.Epub 2020-02-13.

新生児集中治療室におけるプロバイダーネットワークと滞在期間の関連

Provider Networks in the Neonatal Intensive Care Unit Associate with Length of Stay.

  • Cindy Kim
  • Christoph U Lehmann
  • Dupree Hatch
  • Jonathan S Schildcrout
  • Daniel J France
  • You Chen
PMID: 32637942 PMCID: PMC7339831. DOI: 10.1109/CIC48465.2019.00024.

抄録

我々は、集学的チームのケアコーディネーション構造を理解し、新生児集中治療室(NICU)における術後在院期間(PSLOS)への影響を評価することに努めている。Vanderbilt大学医療センターNICUで胃瘻チューブ留置手術を受けた18人の新生児について、電子カルテ(EHR)データを抽出した。提供者のEHRとの相互作用(閲覧、文書化、注文など)に基づいて、提供者と提供者の関係を学習し、ケアコーディネーション構造を表す患者固有の提供者ネットワークを構築するために使用した。標準的なネットワーク分析指標(度内、度外、度内中心性、度外中心性、度内中心性、度内中心性)を用いてネットワークを定量化した。コーディネーション構造の有効性は、比例オッズのロジスティック回帰モデルを用いてモデル化されたネットワーク指標とPSLOSとの関連性として測定された。18のプロバイダーネットワークは、様々なチーム構成と様々なレベルの構造的複雑さを示した。PSLOSが低い患者を治療しているプロバイダーは、PSLOSが高い患者を治療しているプロバイダーよりも、ネットワーク内のより多くの同僚に患者関連情報を分散させる傾向があった(P = 0.0294)。NICUでは、情報発信の改善がPSLOSの低下につながる可能性がある。EHRデータは、ネットワーク解析ツールを使用してケアコーディネーションを研究するための効率的で、アクセス可能で、リソースに優しい方法を提供する。この新しい方法論は、ケアコーディネーションの主要なパフォーマンスと安全性の指標を特定し、ケア提供者ネットワーク内での患者関連情報の普及とケアへの影響を研究する客観的な方法を提供する。その結果は、提供者間の効果的な臨床コミュニケーションを促進するために、EHRシステムの設計を改善するための指針となるはずである。

We strive to understand care coordination structures of multidisciplinary teams and to evaluate their effect on post-surgical length of stay (PSLOS) in the Neonatal Intensive Care Unit (NICU). Electronic health record (EHR) data were extracted for 18 neonates, who underwent gastrostomy tube placement surgery at the Vanderbilt University Medical Center NICU. Based on providers' interactions with the EHR (e.g. viewing, documenting, ordering), provider-provider relations were learned and used to build patient-specific provider networks representing the care coordination structure. We quantified the networks using standard network analysis metrics (e.g., in-degree, out-degree, betweenness centrality, and closeness centrality). Coordination structure effectiveness was measured as the association between the network metrics and PSLOS, as modeled by a proportional-odds, logistical regression model. The 18 provider networks exhibited various team compositions and various levels of structural complexity. Providers, whose patients had lower PSLOS, tended to disperse patient-related information to more colleagues within their network than those, who treated higher PSLOS patients (P = 0.0294). In the NICU, improved dissemination of information may be linked to reduced PSLOS. EHR data provides an efficient, accessible, and resource-friendly way to study care coordination using network analysis tools. This novel methodology offers an objective way to identify key performance and safety indicators of care coordination and to study dissemination of patient-related information within care provider networks and its effect on care. Findings should guide improvements in the EHR system design to facilitate effective clinical communications among providers.