国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

染色体異常。がんにおける臨床的意義への新たな洞察 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Mol Ther Oncolytics.2020 Jun;17:562-570. S2372-7705(20)30073-5. doi: 10.1016/j.omto.2020.05.010.Epub 2020-05-26.

染色体異常。がんにおける臨床的意義への新たな洞察

Chromosome Abnormalities: New Insights into Their Clinical Significance in Cancer.

  • Fan Kou
  • Lei Wu
  • Xiubao Ren
  • Lili Yang
PMID: 32637574 PMCID: PMC7321812. DOI: 10.1016/j.omto.2020.05.010.

抄録

数値染色体異常と構造染色体異常からなる染色体異常は、がんの共通の特徴である。数値異常は、主に異数性染色体や染色体不安定性などの染色体異常で、有糸分裂における染色体の偏析異常が原因であるのに対し、構造的異常はDNA損傷の結果として生じるもので、局所的・体温的な染色体の増加・消失である。近年、染色体異常が腫瘍形成を促進し、細胞のフィットネスやRNAやタンパク質の発現・機能を変化させるメカニズムが明らかになりつつある。蓄積されたエビデンスは、染色体異常が癌の予後や化学療法や免疫療法への反応に関連したゲノムシグネチャーであることを示唆している。本レビューでは、腫瘍形成およびがんの進行における染色体異常の役割に関する最新の知見について、特に異数性染色体および染色体不安定性ががん治療および予後にどのように影響を及ぼすかに重点を置いて論じる。また、様々な癌種における構造的染色体異常の分布と臨床応用にも焦点を当てる。染色体異常の役割をよりよく理解することは、精密腫瘍学の発展に有益であり、この分野の将来の方向性を示唆している。

Chromosomal abnormalities, consisting of numerical and structural chromosome abnormalities, are a common characteristic of cancer. Numerical chromosome abnormalities, mainly including aneuploidy and chromosome instability, are caused by chromosome segregation errors in mitosis, whereas structural chromosome abnormalities are a consequence of DNA damage and comprise focal/arm-level chromosome gain or loss. Recent advances have started to unveil the mechanisms by which chromosomal abnormalities can facilitate tumorigenesis and change the cellular fitness and the expression or function of RNAs and proteins. Accumulating evidence suggests that chromosome abnormalities represent a genomic signature that is linked to cancer prognosis and reaction to chemotherapy and immunotherapy. In this review, we discuss the most recent findings on the role of chromosome abnormalities in tumorigenesis and cancer progression, with a particular emphasis on how aneuploidy and chromosome instability influence cancer therapy and prognosis. We also highlight the distribution and clinical application of the structural chromosome abnormalities in various cancer types. A better understanding of the role of chromosome abnormalities will be beneficial to the development of precision oncology and suggest future directions for the field.

© 2020 The Author(s).