国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

トランスジーンをコードするアデノ随伴ウイルスベクターのための定量的な力価アッセイ | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Mol Ther Methods Clin Dev.2020 Sep;18:250-258. S2329-0501(20)30124-8. doi: 10.1016/j.omtm.2020.06.002.Epub 2020-06-03.

トランスジーンをコードするアデノ随伴ウイルスベクターのための定量的な力価アッセイ

A Quantitative Potency Assay for Adeno-Associated Virus Vectors Encoding for the Transgene.

  • Sem J Aronson
  • Robert S Bakker
  • Sascha Moenis
  • Remco van Dijk
  • Giulia Bortolussi
  • Fanny Collaud
  • Xiaoxia Shi
  • Suzanne Duijst
  • Lysbeth Ten Bloemendaal
  • Giuseppe Ronzitti
  • Andrés F Muro
  • Federico Mingozzi
  • Ulrich Beuers
  • Piter J Bosma
PMID: 32637454 PMCID: PMC7327880. DOI: 10.1016/j.omtm.2020.06.002.

抄録

臨床グレードのベクターロットの力価評価は、アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターのリリースをサポートするために非常に重要であり、将来の販売承認に必要とされています。我々は、クリグラー・ナジャール症候群の治療のために現在臨床評価中の AAV8-h ベクターのトランスジェニック発現と活性の両方を検出する細胞ベースの定量的な力価アッセイを開発し、検証しました。AAV8-hの効力を評価した。ヒト肝腫7(Huh7)細胞に導入した後、フローサイトメトリーを用いてトランスジェニック陽性細胞を定量し、ビリルビンコンジュゲーションアッセイによりトランスジェニック活性を評価した。様々なAAV8-hUGT1A1バッチの効力を比較した。AAV8-h導入後、UGT1A1を発現する細胞の定量は直線的な用量反応関係(R=0.98)を示し、アッセイ内および日間の再現性は十分であった(変動係数[CV]=11.0%および22.6%)。また,ビリルビン結合試験では,低用量範囲では線形の用量反応関係(R=0.99)を示し,十分な測定内および日間再現性を示した(CV=15.7%および19.7%)。両方の力価アッセイは、AAV8-hベクターロットの有効性に確実に変換されます。AAV8-h の細胞ベースの力価測定法は、トランスジェニック UGT1A1 の発現および活性を適切に判定し、有効性と一致しています。この新しいアプローチは、臨床グレードのベクターリリースをサポートするためのベクターロットの力価の決定に適しています。

Potency assessment of clinical-grade vector lots is crucial to support adeno-associated virus (AAV) vector release and is required for future marketing authorization. We have developed and validated a cell-based, quantitative potency assay that detects both transgenic expression and activity of an AAV8-h vector, which is currently under clinical evaluation for the treatment of Crigler-Najjar syndrome. Potency of AAV8-h was evaluated . After transduction of human hepatoma 7 (Huh7) cells, transgene-positive cells were quantified using flow cytometry and transgenic activity by a bilirubin conjugation assay. The potency of various AAV8-hUGT1A1 batches was compared with their potency . After AAV8-h transduction, quantification of UGT1A1-expressing cells shows a linear dose-response relation (R = 0.98) with adequate intra-assay and inter-day reproducibility (coefficient of variation [CV] = 11.0% and 22.6%, respectively). In accordance, bilirubin conjugation shows a linear dose-response relation (R = 0.99) with adequate intra- and inter-day reproducibility in the low dose range (CV = 15.7% and 19.7%, respectively). Both potency assays reliably translate to efficacy of AAV8-h vector lots. The described cell-based potency assay for AAV8-h adequately determines transgenic UGT1A1 expression and activity, which is consistent with efficacy. This novel approach is suited for the determination of vector lot potency to support clinical-grade vector release.

© 2020 The Author(s).