会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

新しい自己拡張型メタルステントを用いたEUSガイド下での経膜的胆嚢ドレナージの革新 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Sci Rep.2020 Jul;10(1):11159. 10.1038/s41598-020-67374-y. doi: 10.1038/s41598-020-67374-y.Epub 2020-07-07.

新しい自己拡張型メタルステントを用いたEUSガイド下での経膜的胆嚢ドレナージの革新

Innovation of EUS-guided transmural gallbladder drainage using a novel self-expanding metal stent.

  • Gunn Huh
  • Jin Ho Choi
  • Sang Hyub Lee
  • Woo Hyun Paik
  • Ji Kon Ryu
  • Yong-Tae Kim
  • Seok Jeong
  • Don Haeng Lee
  • Gyeong Hwan Kim
  • Sung Gwon Kang
PMID: 32636437 PMCID: PMC7341883. DOI: 10.1038/s41598-020-67374-y.

抄録

内視鏡的超音波検査(EUS)ガイド下の経膜ドレナージは、膵周液採取や急性胆嚢炎における選択のモダリティとして受け入れられている。これらの手技に用いられるステントには、ダブルピグテールプラスチックステント、管状自己拡張型メタルステント(SEMS)、内腔置換型メタルステントなど、それぞれ長所と短所がある。これらの欠点を克服するために、本研究では、新たに設計されたスパイラルコイルエンドを有するツイスト型フルカバーSEMSの実現可能性を動物実験で評価した。我々は、外科的に胆嚢拡張を誘発した8匹のミニブタを対象に、新開発の金属ステントを用いたEUSガイド下胆嚢胃瘻造設術を実施した。この新しいステントは、直径8mm、長さ6cmのスパイラルコイル状の端部をツイストしたフルカバーSEMSである。このステントはEUSガイド下胆嚢胃瘻造設術後4~7週間維持された。主要転帰は技術的成功率、副次的転帰は有害事象、ステントの機能不全、ステント除去性、瘻孔形成であった。ステントはすべての症例で胆嚢と胃の間に留置され、有害事象は発生しなかった。試験期間中にステントの移動や機能障害は認められず、すべてのステントは予定通り容易に除去された。内視鏡的にも組織学的にも、すべての症例で胆嚢胃瘻形成に成功していることが確認された。この動物実験では、スパイラルコイル状に巻かれた新しいツイストフルカバーメタルステントを用いたEUSガイド下での経膜ドレナージと瘻孔形成は、有害事象もなく、技術的にも可能であった。実際の臨床での有効性と安全性を評価するためには、さらなる臨床試験が必要である。

Endoscopic ultrasonography (EUS)-guided transmural drainage has been accepted as a modality of choice in peripancreatic fluid collection and acute cholecystitis. Each type of stent, including double-pigtail plastic stents, tubular self-expandable metal stents (SEMS), and lumen-apposing metal stents, for these procedure has its own advantages and disadvantages. To overcome their disadvantages, this animal study evaluated the feasibility of a newly designed twisted fully covered SEMS with spiral coiled ends. We performed the EUS-guided cholecystogastrostomy with a newly developed metal stent in eight mini pigs with surgically induced gallbladder distension. This novel stent is a twisted fully covered SEMS with spiral coiled ends, a diameter of 8 mm, and a length of 6 cm. The stent has been maintained for four to seven weeks after EUS-guided cholecystogastrostomy. The primary outcome was the technical success rate, and the secondary outcomes were adverse events, stent dysfunction, stent removability, and fistula formation. The stent was placed successfully between the gallbladder and the stomach in all cases without any adverse event. We observed neither stent migration nor dysfunction during the study period, and all the stents were removed easily as scheduled. We confirmed successful cholecysto-gastric fistula formation at endoscopic and histologic level in all cases. EUS-guided transmural drainage and fistula formation using a new twisted fully covered metal stent with spiral coiled ends was technically feasible without any adverse event in this animal study. Further clinical studies are needed to evaluate its efficacy and safety in real practice.