会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

シリア人の近親者における常染色体劣性高コレステロール血症 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Clin Lipidol.2020 Jun;S1933-2874(20)30202-6. doi: 10.1016/j.jacl.2020.06.002.Epub 2020-06-08.

シリア人の近親者における常染色体劣性高コレステロール血症

Autosomal recessive hypercholesterolemia in a kindred of Syrian ancestry.

  • Morten Hostrup Martinsen
  • Ib Christian Klausen
  • Anne Tybjaerg-Hansen
  • Berit Storgaard Hedegaard
PMID: 32636080 DOI: 10.1016/j.jacl.2020.06.002.

抄録

常染色体劣性高コレステロール血症は、低密度リポ蛋白質受容体アダプタープロテイン1遺伝子(LDLRAP1)の突然変異のホモ接合性または複合ヘテロ接合性に起因するまれな遺伝性疾患であり、その結果、低密度リポ蛋白質コレステロール(LDL-C)レベルの上昇、大きなキサントーマ、および心血管リスクの増加をもたらす。ここでは,以前にイタリアのサルデーニャ島とスペインのシチリア島でのみ報告されていた,LDLRAP1 のフレームシフト変異を有するシリア系のデンマーク人家族について述べる.この突然変異のホモ接合体を持つ2人の子供を対象に、アトルバスタチンを単剤またはエゼチミブと併用した長期的な脂質低下治療の効果を評価した。Viborg Regional Hospitalの脂質クリニックに紹介された時点で、4人の小児のうち3人のLDL-C値はそれぞれ468、538、371mg/dLであり、1人の小児は10歳の時点ですでに皮膚黄色腫を呈していた。比較のために、4人目の子供と両親のLDL-C値は85、116、124mg/dLであった。遺伝子検査の結果、重度のLDL-C上昇を示した3人の小児はすべてLDLRAP1のまれなフレームシフト変異、p.His144GlnfsTer27(c.431dupA)のホモ接合体であることが明らかになったが、4人目の小児と両親はこの変異のヘテロ接合体であった。長男2名(10歳時と7歳時)に脂質低下治療を開始した。アトルバスタチン(40mg/d)とエゼチミブ(10mg/d)の併用投与により、第1子ではLDL-Cが75%減少し、黄色腫がほぼ完全に退縮した。2人目の小児では、アトルバスタチン(40mg/d)の単剤療法でLDL-Cを61%減少させた。いずれのレジメンも、プラバスタチン単剤療法(20mg/d)およびコレスチラミンとの併用療法(2gを1日2回)よりも優れていた。高強度スタチン単独またはエゼチミブとの併用療法は、LDLRAP1のまれなフレームシフト変異をホモ接合した2人の小児においてLDL-Cの著明な低下をもたらし、大型キサントーマの退縮につながった。

Autosomal recessive hypercholesterolemia is a rare genetic disorder due to homozygosity or compound heterozygosity for mutations in the low-density lipoprotein receptor adapter protein 1 gene (LDLRAP1), resulting in elevated low-density lipoprotein cholesterol (LDL-C) levels, large xanthomas, and increased cardiovascular risk. Here, we describe a Danish family of Syrian ancestry carrying a frameshift mutation in LDLRAP1, previously only described in Sardinia and Sicily in Italy and in Spain. In 2 children homozygous for this mutation, we evaluate the effect of long-term lipid-lowering treatment with atorvastatin as monotherapy or in combination with ezetimibe. At referral to the lipid clinic at Viborg Regional Hospital, 3 of 4 children had LDL-C levels of 468, 538, and 371 mg/dL, respectively, with 1 child already showing cutaneous xanthomas at 10 years of age. For comparison, the fourth child and the parents had LDL-C levels of 85, 116, and 124 mg/dL. Genetic testing revealed that all 3 children with severely elevated LDL-C were homozygous for a rare frameshift mutation in LDLRAP1, p.His144GlnfsTer27 (c.431dupA), whereas the fourth child and both parents were heterozygous for this mutation. Lipid-lowering treatment was started in the 2 oldest children (at 10 and 7 years of age). Atorvastatin (40 mg/d) combined with ezetimibe (10 mg/d) reduced LDL-C by 75% in the first child and resulted in near-complete regression of xanthomas. In the second child, atorvastatin (40 mg/d) as monotherapy reduced LDL-C by 61%. Both regimens were superior to treatment with pravastatin as monotherapy (20 mg/d) and to pravastatin in combination with cholestyramine (2 g twice daily). High-intensity statin therapy alone or in combination with ezetimibe resulted in marked reductions in LDL-C in 2 children homozygous for a rare frameshift mutation in LDLRAP1 and lead to regression of large xanthomas.

Copyright © 2020 National Lipid Association. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.