会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

接着剤で溶着したガラスまたは多結晶CAD-CAMモノリシッククラウンの疲労性能。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Prosthet Dent.2020 Jul;S0022-3913(20)30250-X. doi: 10.1016/j.prosdent.2020.03.032.Epub 2020-07-05.

接着剤で溶着したガラスまたは多結晶CAD-CAMモノリシッククラウンの疲労性能。

Fatigue performance of adhesively luted glass or polycrystalline CAD-CAM monolithic crowns.

  • Daniela Meira Alves
  • Ana Carolina Cadore-Rodrigues
  • Catina Prochnow
  • Thiago Augusto de Lima Burgo
  • Aloísio Oro Spazzin
  • Ataís Bacchi
  • Luiz Felipe Valandro
  • Gabriel Kalil Rocha Pereira
PMID: 32636073 DOI: 10.1016/j.prosdent.2020.03.032.

抄録

問題提起:

コンピュータ支援設計およびコンピュータ支援製造(CAD-CAM)のために接着剤で溶着されたガラスまたは多結晶セラミックシステムの疲労性能を比較したデータはほとんどありません。

STATEMENT OF PROBLEM: Data comparing the fatigue performance of adhesively luted glass or polycrystalline ceramic systems for computer-aided design and computer-aided manufacturing (CAD-CAM) are scarce.

目的:

本研究の目的は,ガラスまたは多結晶CAD-CAMセラミックシステムを象牙質アナログに接着して製造したモノリシッククラウンの疲労性能を評価し,比較することでした.

PURPOSE: The purpose of this in vitro study was to evaluate and compare the fatigue performance of monolithic crowns manufactured from glass or polycrystalline CAD-CAM ceramic systems adhesively luted to a dentin analog.

材料と方法:

3 種類のセラミック材料:二珪酸リチウム(LD)ガラスセラミック(IPS e.max CAD),ジルコニア強化珪酸リチウム(ZLS)ガラスセラミック(Vita Suprinity),半透明イットリウム完全安定化多結晶ジルコニア(Trans YZ)(Prettau Anterior)を用いて,厚さ 1.5mm の象牙質アナログ(NEMA グレード G10)と簡易セラミッククラウンの標準化された 54 組を作製した.簡易クラウン(n=15)を準備物に接着剤で固着し,ステップストレス疲労試験(初期荷重400N,20Hz,10,000サイクル,その後破損するまで100N刻みのステップ)を実施した.収集したデータ(疲労破壊荷重[FFL]および破壊サイクル)をKaplan-MeierおよびMantel-Coxポストホック検定(α=0.05)を用いた生存解析およびワイブル解析(ワイブル係数およびそれぞれの95%信頼区間)に供した。失敗したクラウンは、フラクトグラフィ解析に提出した。追加クラウンの内面の表面特性(粗さ、フラクタル寸法)にアクセスし、各ラウトシステムで得られた咬合セメント厚さを測定した。

MATERIALS AND METHODS: Fifty-four pairs of standardized preparations of dentin analog (NEMA Grade G10) and simplified ceramic crowns of 1.5-mm thickness were obtained with 3 ceramic materials: lithium disilicate (LD) glass-ceramic (IPS e.max CAD); zirconia-reinforced lithium silicate (ZLS) glass-ceramic (Vita Suprinity); and translucent yttrium fully stabilized polycrystalline zirconia (Trans YZ) (Prettau Anterior). The simplified crowns (n=15) were adhesively cemented onto the preparations and subjected to step-stress fatigue test (initial load of 400 N, 20 Hz, 10 000 cycles, followed by 100-N increment steps until failure). Collected data (fatigue failure load [FFL] and cycles for failure [CFF]) were submitted to survival analysis with the Kaplan-Meier and Mantel-Cox post hoc tests (α=.05) and to Weibull analysis (Weibull modulus and its respective 95% confidence interval). Failed crowns were submitted to fractography analysis. The surface characteristics of the internal surface (roughness, fractal dimension) of additional crowns were accessed, and the occlusal cement thickness obtained in each luted system was measured.

結果:

トランス YZ クラウンは FFL、CFF、生存率が最も高く、ZLS と LD がそれに続いた(平均 FFL:1740 N>1187 N>987 N、平均 CFF:149 000>92 613>73 667)。ワイブル係数とセメント厚さはすべての試験材で同様であった。LDは最も粗い内面を示し、次いでZLSがこれに続いた(平均Ra:226nm>169nm>93nm)。また、LDとZLSの内面はフラクタル次元が高く、より複雑な表面形状を示した(平均フラクタル次元:2.242=2.238>2.147)。

RESULTS: Trans YZ crowns presented the highest values of FFL, CFF, and survival rates, followed by ZLS and LD (mean FFL: 1740 N>1187 N>987 N; mean CFF: 149 000>92 613>73 667). Weibull modulus and cement thickness were similar for all tested materials. LD presented the roughest internal surface, followed by ZLS (mean Ra: 226 nm>169 nm>93 nm). The LD and ZLS internal surfaces also showed higher fractal dimension, pointing to a more complex surface topography (mean fractal dimension: 2.242=2.238>2.147).

結論:

Trans YZのCAD-CAMモノリシッククラウンが最も優れた疲労性能を示した。さらに,ZLSクラウンはLDクラウンよりも優れた性能を示した.

CONCLUSIONS: CAD-CAM monolithic crowns of Trans YZ show the best fatigue performance. In addition, ZLS crowns also showed better performance than LD crowns.

Copyright © 2020 Editorial Council for the Journal of Prosthetic Dentistry. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.