会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

SARS-CoV-2感染に対する主要作業員の検査の利点の最適化:数学的モデリング分析。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin. Infect. Dis..2020 Jul;ciaa901. doi: 10.1093/cid/ciaa901.Epub 2020-07-08.

SARS-CoV-2感染に対する主要作業員の検査の利点の最適化:数学的モデリング分析。

Optimising benefits of testing key workers for infection with SARS-CoV-2: A mathematical modelling analysis.

  • Frank G Sandmann
  • Peter J White
  • Mary Ramsay
  • Mark Jit
PMID: 32634823 DOI: 10.1093/cid/ciaa901.

抄録

背景:

国際的には、医療従事者などの重要な労働者は、彼らまたは世帯のメンバーがコロナウイルス病2019(COVID-19)に似た症状を経験した場合、自宅で待機するように助言されています。これは潜在的にSARS-CoV-2を持たない多くのスタッフを隔離/隔離する一方で、無症状の感染を持つスタッフからの感染を防ぐことはできません。私たちは、スタッフの休業期間と他の人への感染リスクに対する検査の影響を調査しました。

BACKGROUND: Internationally, key workers such as healthcare staff are advised to stay at home if they or household members experience coronavirus disease 2019 (COVID-19)-like symptoms. This potentially isolates / quarantines many staff without SARS-CoV-2, whilst not preventing transmission from staff with asymptomatic infection. We explored the impact of testing staff on absence durations from work and transmission risks to others.

方法:

1,000人の主要労働者を対象とした決定分析モデルを用いて、(S0)労働者のRT-PCR検査を行わないというベースライン戦略と、COVID-19様症状を持つ労働者(S1)を隔離して検査すること、(S2)COVID-19様症状を持たないが家庭内隔離で検査すること、(S3)全スタッフを対象とした検査を行うことを比較した。我々は、すべての初期検査、初期陽性検査、初期陰性検査の繰り返し、または再検査なしの確認的再検査シナリオを検討した。感染率(0.1%~20%)、無症状の割合(10%~80%)、感度(60%~95%)、特異度(90%~100%)を含むすべてのパラメータを変化させた。

METHODS: We used a decision-analytic model for 1,000 key workers to compare the baseline strategy of (S0) no RT-PCR testing of workers to testing workers (S1) with COVID-19-like symptoms in isolation, (S2) without COVID-19-like symptoms but in household-quarantine, and (S3) all staff. We explored confirmatory re-testing scenarios of repeating all initial tests, initially-positive tests, initially-negative tests; or no re-testing. We varied all parameters, including the infection rate (0.1%-20%), proportion asymptomatic (10%-80%), sensitivity (60%-95%), and specificity (90%-100%).

結果:

全従業員を対象とした検査(S3)では、1,000 検査あたり-56.9~+1.0 人(RT-PCR 感度が 65%以上の場合は全体的に減少)、欠勤日数は 1 検査あたり 0.5~+3.6 日減少しますが、1,000 人あたり 989.6~1,95.9 回の検査が必要となるため、職場感染のリスクが変化します。世帯検疫(S2)で労働者を検査すると、1検査あたり3.0~6.9日(労働者1,000人あたり47.0~210.4検査)の欠勤が最も少なくなる一方で、職場感染のリスクは労働者1,000人あたり0.02~49.5人増加します(初期陰性の検査を再検査することで最小限に抑えることができます)。

RESULTS: Testing all staff (S3) changes the risk of workplace transmission by -56.9 to +1.0 workers per 1,000 tests (with reductions throughout at RT-PCR sensitivity of ≥65%), and absences by 0.5 to +3.6 days per test but at heightened testing needs of 989.6-1995.9 tests per 1,000 workers. Testing workers in household-quarantine (S2) reduces absences the most by 3.0-6.9 days per test (at 47.0-210.4 tests per 1,000 workers), while increasing risk of workplace transmission by 0.02-49.5 infected workers per 1,000 tests (which can be minimised when re-testing initially-negative tests).

DISCUSSION:

欠勤期間や感染リスクの最適化に基づいて、我々のモデルでは、感染レベルと検査能力に応じて、家庭内検疫でスタッフを検査するか、全スタッフを検査することを提案しています。

DISCUSSION: Based on optimising absence durations or transmission risk our modelling suggests testing staff in household-quarantine or all staff, depending on infection levels and testing capacities.

© Crown copyright 2020.