会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

COVID-19パンデミックとそれに伴うベルギー政府の措置が癌検診、外科病理学、細胞病理学に与える影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Pathobiology.2020 Jul;:1-10. 000509546. doi: 10.1159/000509546.Epub 2020-07-07.

COVID-19パンデミックとそれに伴うベルギー政府の措置が癌検診、外科病理学、細胞病理学に与える影響

The Impact of the COVID-19 Pandemic and the Associated Belgian Governmental Measures on Cancer Screening, Surgical Pathology and Cytopathology.

  • Marie-Caroline de Pelsemaeker
  • Yves Guiot
  • Jonathan Vanderveken
  • Christine Galant
  • Mieke Rosalie Van Bockstal
PMID: 32634799 DOI: 10.1159/000509546.

抄録

序論:

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2により、コロナウイルス症2019(COVID-19)のパンデミックが発生しました。社会的遠距離化、渡航制限、隔離など、前例のない公衆衛生上の措置が導入された。ベルギー政府は国家緊急計画を発表し、これにより緊急性のない医療相談や手術をすべて延期した。本報告書では、組織病理学および細胞病理学の検査室の作業量の評価を通じて、これらの措置ががん検診に与えた影響を分析している。

INTRODUCTION: The severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 caused a pandemic of coronavirus disease 2019 (COVID-19). Unprecedented public health actions were introduced, including social distancing, travel restrictions and quarantine. The Belgian government announced a national emergency plan, thereby postponing all non-urgent medical consultations and operations. This report analyses the impact of these measures on cancer screening, through assessment of the workload of a laboratory for histopathology and cytopathology.

方法:

月間の組織学的・細胞学的サンプル数、免疫組織化学検査、分子検査のデータは、検査情報管理システムから抽出した。

METHODS: Data on monthly numbers of histological and cytological samples, immunohistochemistry and molecular tests were extracted from the laboratory information management system.

結果:

グローバルな病理組織学的・細胞学的作業量が大幅に減少した。腫瘍関連の外科的処置への影響はむしろ限定的であった。抗COVID-19対策により、大腸生検、乳房生検、子宮頸部細胞診などのスクリーニングに関連するすべての検体数が有意に減少し、甲状腺摘出術や胃生検などの「機能的」病理に関連する検体数が大幅に減少した。

RESULTS: The global histopathological and cytological workload was substantially reduced. The impact on oncology-related surgical procedures was rather limited. The anti-COVID-19 measures significantly diminished all screening-related samples, such as colon biopsies, breast biopsies and cervical cytology, and strongly reduced the number of samples related to "functional" pathology, such as thyroidectomies and gastric biopsies.

結論:

医療介入の多くは病理検査室の作業量に反映されているため、本研究により、医療行為の「脱却」のための領域を特定することができた。その結果、医療の様々な分野が影響を受けていることが明らかになったが、その影響が最も大きいのはがん検診であると思われる。医療従事者は、がん検診の受診をキャンセルではなく延期するようにすべきである。

CONCLUSIONS: Since many health care interventions are reflected in the workload of a pathology laboratory, this study enabled us to identify areas for "deconfinement" health care actions. Our findings indicate that various areas in medicine were affected, but the impact seemed largest for cancer screening. Health care professionals should assure that consultations related to cancer screening are postponed instead of cancelled.

© 2020 S. Karger AG, Basel.