会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

高感度心筋トロポニンIを用いた急性心筋梗塞の評価におけるリスクスコアの有用性 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Am. Heart J..2020 May;227:1-8. S0002-8703(20)30160-5. doi: 10.1016/j.ahj.2020.05.014.Epub 2020-05-30.

高感度心筋トロポニンIを用いた急性心筋梗塞の評価におけるリスクスコアの有用性

The utility of risk scores when evaluating for acute myocardial infarction using high-sensitivity cardiac troponin I.

  • Joseph Gibbs
  • Christopher deFilippi
  • Frank Peacock
  • Simon Mahler
  • Richard Nowak
  • Robert Christenson
  • Fred Apple
  • Gordon Jacobsen
  • James McCord
PMID: 32634671 DOI: 10.1016/j.ahj.2020.05.014.

抄録

急性心筋梗塞(AMI)を示唆する症状を有する患者の評価には、心筋梗塞における血栓溶解法(TIMI)スコア、病歴、心電図、年齢、リスク因子、トロポニン(HEART)スコア、胸痛の簡易救急部評価(sEDACS)などのリスクスコアが使用されてきた。本研究では、高感度心筋トロポニンI(hs-cTnI)を用いた場合の心臓リスク層別化スコアの予後評価の有用性を評価した。

Risk scores including the Thrombolysis in Myocardial Infarction (TIMI) score; History, Electrocardiogram, Age, Risk Factors, and Troponin (HEART) score; and Simplified Emergency Department Assessment of Chest Pain Score (sEDACS) have been used to evaluate patients with symptoms suggestive of acute myocardial infarct (AMI). This study assessed prognostic utility of cardiac risk stratification scores when augmented with a high-sensitivity cardiac troponin-I assay (hs-cTnI).

方法:

本研究では,2015 年 4 月から 2016 年 4 月までに米国の 29 病院で AMI が疑われる患者 2,505 例が登録された.血液サンプルをAtellica IM TnIHアッセイ(Siemens Healthineers社)でhs-cTnIの検査を行った。TIMIスコア=0、HEART≦3、sEDACS≦15、hs-cTnI<45ng/L(99 パーセンタイル)で、患者は死亡/AMIのリスクが低いと判断した。

METHODS: This study enrolled 2,505 suspected AMI patients at 29 hospitals in the United States from April 2015 to April 2016. Blood samples were tested for hs-cTnI on the Atellica IM TnIH Assay (Siemens Healthineers). Patients were considered low risk for death/AMI with a TIMI score = 0, HEART ≤3, sEDACS ≤15, and hs-cTnI <45 ng/L (99th percentile) at time 0 and 2-3 hours.

結果:

ST上昇型心筋梗塞やデータの不完全性を理由に除外された患者は2,336例であった。30日目の時点で283人(12.1%)の患者がAMIと診断され、24人(1.0%)の死亡と213人(9.1%)の再灌流があった。死亡またはAMIと診断された298例のうち、258例(86.6%)でhs-cTnIが上昇していた。HEARTスコアとsEDACSでは、それぞれ34.5%と36.6%の患者が低リスクと判定された。これはTIMIスコアで同定された12.1%よりも有意に高かった(P<.01)。

RESULTS: There were 2,336 patients included after exclusions for ST-segment elevation myocardial infarction or incomplete data. At 30 days, 283 patients (12.1%) had been diagnosed with AMI, and there were 24 (1.0%) deaths and 213 (9.1%) revascularizations. Of 298 patients with death or AMI, 258 (86.6%) had elevated hs-cTnI. The HEART score and sEDACS identified 34.5% and 36.6% of patients as low risk, respectively. This was significantly more than the 12.1% identified by the TIMI score (P < .01).

結論:

TIMI、HEART、およびsEDACSスコアは、hs-CTnI測定値と組み合わせて低リスク患者を識別する。HEARTスコアとsEDACSはTIMIスコアと比較して、より多くの低リスク患者を同定した。これらの患者は、さらなる検査を行わずに救急部からの退院を検討することができた。

CONCLUSIONS: The TIMI, HEART, and sEDACS scores all identify low-risk patients when combined with hs-cTnI measurements. The HEART score and sEDACS identified more low-risk patients compared to the TIMI score. These patients could be considered for discharge from the emergency department without further testing.

Copyright © 2020 Elsevier Inc. All rights reserved.