会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

中国山東省では、交通関連施設に近接した住居が小児喘息および鼻炎と関連していた。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Environ Int.2020 Jul;143:105930. S0160-4120(20)31885-7. doi: 10.1016/j.envint.2020.105930.Epub 2020-07-04.

中国山東省では、交通関連施設に近接した住居が小児喘息および鼻炎と関連していた。

Residence proximity to traffic-related facilities is associated with childhood asthma and rhinitis in Shandong, China.

  • Wei Liu
  • Jiao Cai
  • Chen Huang
  • Jing Chang
PMID: 32634669 DOI: 10.1016/j.envint.2020.105930.

抄録

喘息と鼻炎と住宅交通の近接性との関連は、いくつかの研究で調査されたが、結論は一貫していなかった。2015 年 1 月から 4 月にかけて、中国山東省の 2 都市で横断的研究を実施した。3~6 歳児の未就園児を対象とした 69 の幼稚園から保護者が報告したアンケートを収集した。ここでは、居住地に近い4つの交通関連施設(幹線道路、自動車4S店、給油所、地上駐車場)と小児喘息・鼻炎との関連を、個人および居住地の特性を考慮して調査した。生まれてから転居していない子供5640人を対象とした2レベル(幼稚園児・子供)混合効果ロジスティック回帰分析において、100"Zs_A0"m(参考:>200"Zs_A0"m)以内の居住地に近い給油所は、生涯にわたって喘息と有意に関連していた(調整オッズ比、95%信頼区間:2.63、1.28~5.40)。63、1.28~5.40)、喘鳴(2.06、1.35~3.15)、鼻炎(1.69、1.08~2.64)、現在(調査前の過去12"Zs_A0"月)の喘鳴(2.11、1.34~3.34)、鼻炎(1.65、1.05~2.59)と有意に関連していた。居住地に近い施設の数は、喘息、喘鳴、鼻炎症状のオッズと用量反応関係を有していた。これらの用量反応関係は、寝室が1~3階にある子ども、寝室や台所の換気が悪い子ども、調理に天然ガスを使用しない家庭の子どもで一般的に強く見られた。また、感度分析では、調査対象となった全9597人の子どもについて、同様の関連性が認められた。これらの結果から、交通関連施設の近くに居住していることが、未就学児の喘息や鼻炎の発症の危険因子である可能性が高いことが示唆された。調査した関連性は、家庭の換気や大気汚染物質によって修飾される可能性があった。

Associations of asthma and rhinitis with residential traffic proximity were investigated in several studies, but conclusions were inconsistent. From January to April in 2015, a cross-sectional study was conducted in two cities of Shandong, China. Parents-reported questionnaires were collected from 69 kindergartens for 3-6-year-olds preschoolers. Here we investigated associations of four traffic-related facilities (main traffic road, automobile 4S shop, filling station, and ground car park) close to residence with childhood asthma and rhinitis under considering individual and residential characteristics. In the two-level (kindergarten-child) mixed-effect logistic regression analyses among 5640 children who did not change residences since birth, filling station close to residence within 100 m (reference: >200 m) was significantly associated with lifetime-ever asthma (adjusted odds ratio, 95% confidence interval: 2.63, 1.28-5.40), wheeze (2.06, 1.35-3.15), rhinitis (1.69, 1.08-2.64) and current (past 12 months prior to the survey) wheeze (2.11, 1.34-3.34) and rhinitis (1.65, 1.05-2.59). Numbers of the facilities close to residence had dose-response relationships with odds of asthma, wheeze and rhinitis symptoms. These dose-response relationships were generally stronger in children whose bedrooms were in the 1st-3rd floors, and in children with low ventilation in bedroom and kitchen, and in children from families who did not using natural gas for cooking. The similar associations were found in the sensitive analyses among all surveyed 9597 children. Our results indicate that residence close to the traffic-related facilities likely is a risk factor for the occurrence of asthma and rhinitis among preschool children. The studied associations could be modified by household ventilation and air pollutants.

Copyright © 2020 The Author(s). Published by Elsevier Ltd.. All rights reserved.