会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

成人クローン病患者を対象としたアダリムマブとインフリキシマブのバイオシミラー治療の臨床的実践. | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Inflamm. Bowel Dis..2020 Jul;izaa078. doi: 10.1093/ibd/izaa078.Epub 2020-07-07.

成人クローン病患者を対象としたアダリムマブとインフリキシマブのバイオシミラー治療の臨床的実践.

Clinical Practice of Adalimumab and Infliximab Biosimilar Treatment in Adult Patients With Crohn's Disease.

  • Walter Reinisch
  • Krisztina Gecse
  • Jonas Halfvarson
  • Peter M Irving
  • Jørgen Jahnsen
  • Laurent Peyrin-Biroulet
  • Gerhard Rogler
  • Stefan Schreiber
  • Silvio Danese
PMID: 32634212 DOI: 10.1093/ibd/izaa078.

抄録

腫瘍壊死因子(TNF)阻害薬の導入により、クローン病(CD)の治療風景は大きく変化しました。インフリキシマブ、アダリムマブ、ペゴールのようなTNF阻害薬の導入により、治療目標は症状緩和だけでなく、内視鏡的寛解を含む炎症の客観的徴候の消失にまで拡大してきました。これらの薬剤は中等度から重度のCDの治療に広く使用されているにもかかわらず、抗TNF薬の使用に関するエビデンスに基づいたガイドラインをCDの実際の治療アルゴリズムに翻訳する際には、いまだに不均一性が存在している。これは、医療費政策の格差、国間の整合性の欠如、疾患の重症度評価、疾患モニタリングツールの使用、医師による治療目標の適用の違いなど、いくつかの理由によるものと考えられる。バイオシミラーの出現により、医薬品の入手可能性における健康格差を最小化するために、標準的な生物製剤の無特許版が利用可能になった。このような背景から、本稿では、中等症から重症のCD患者さんが治療に臨む際に遭遇するであろう様々な臨床シナリオを概説することで、インフリキシマブとアダリムマブのバイオシミラーを使用するための実践的な臨床ガイダンスを提供することを目的としている。

The introduction of tumor necrosis factor (TNF) inhibitors has significantly changed the treatment landscape in Crohn's disease (CD). The overall therapeutic achievements with TNF inhibitors such as infliximab, adalimumab, and certolizumab pegol paved the way to push the boundaries of treatment goals beyond symptomatic relief and toward cessation of objective signs of inflammation, including endoscopic remission. Even though these agents are widely used for the treatment of moderate to severe CD, heterogeneity still exists in translating evidence-based guidelines on the use of anti-TNF agents into actual treatment algorithms in CD. This might be due to several reasons including disparities in health expenditure policies; lack of harmonization between countries; and variations in assessment of disease severity, use of disease monitoring tools, or application of treatment targets by physicians. With the advent of biosimilars, patent-free versions of reference biologics are now available to minimize health inequalities in drug availability. In this context, this article aims to provide practical clinical guidance for the use of infliximab and adalimumab biosimilars in patients with moderate to severe CD by outlining different clinical scenarios that patients may encounter during their treatment journey.

© 2020 Crohn’s & Colitis Foundation. Published by Oxford University Press. All rights reserved. For permissions, please e-mail: journals.permissions@oup.com.