会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

1型糖尿病を持つ旅行者:質問紙の作成と知識と実践の記述的分析。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Travel Med.2020 Jul;taaa110. doi: 10.1093/jtm/taaa110.Epub 2020-07-07.

1型糖尿病を持つ旅行者:質問紙の作成と知識と実践の記述的分析。

Travellers with type 1 diabetes: questionnaire development and descriptive analysis of knowledge and practices.

  • Gerard T Flaherty
  • Shan Wei Leong
  • Yvonne Finn
  • Lokman Hakim Sulaiman
  • Chris Noone
PMID: 32634210 DOI: 10.1093/jtm/taaa110.

抄録

背景:

糖尿病を持つ旅行者が海外旅行の健康影響についてどのような認識を持っているかについてはほとんど知られていない。本研究では、1型糖尿病患者の旅行健康に関する知識、態度、習慣を調査するための質問紙を作成し、その有効性を検証することを目的とした。

BACKGROUND: Little is known about the awareness of travellers with diabetes about the health effects of international travel. This study aimed to design and validate a questionnaire to examine the travel health knowledge, attitudes and practices of people living with type 1 diabetes.

方法:

概念フレームワーク分析に基づく74項目を改訂し、その内容の妥当性を確認した。項目は3つのドメインにグループ化された。開発研究は、それらの要因構造に関する証拠を確立するために実施された。その後、構成検証研究が実施され、保持された項目が確認的因子分析(CFA)を用いて独立したサンプルで検証された。

METHODS: A set of 74 items based on a conceptual framework analysis underwent revision and its content validity was established. Items were grouped into three domains. A development study was conducted to establish evidence regarding their factorial structure. A construct validation study was then conducted in which the retained items were tested in an independent sample using confirmatory factor analysis (CFA).

結果:

我々の開発研究から4つの因子が浮上し、「旅行前の準備-虫刺され」、「旅行前の準備-相談」、「インスリンと血糖コントロール」、「旅行リスク行動」とラベル付けされた。CFAにより、開発研究で同定された因子構造が独立したサンプルで確認された。各因子の負荷は、少なくとも0.4の有意な(p <"Zs_A0"0.001)負荷を有していた。因子相関は0.1から0.6の間であり、良好な識別妥当性を示しています。我々の参加者268名のサンプルでは、インスリンと血糖コントロールに関するドメインスコアの平均値が最も高く(6.45)、次いで旅行リスク行動(5.21)、旅行前の準備(4.15)の順であった。

RESULTS: Four factors emerged from our development study and were labelled as Pre-travel Preparation-Insect Bites, Pre-travel Preparation-Consultation, Insulin and Glycaemic Control, and Travel Risk Behaviour. A CFA confirmed the factorial structure identified in the development study in an independent sample. Each factor loading had a significant (p < 0.001) loading of at least 0.4. The factor correlations ranged between 0.1 and 0.6, indicating good discriminant validity. The highest mean domain score in our sample of 268 participants related to insulin and glycaemic control (6.45), followed by travel risk behaviour (5.21) and pre-travel preparation (4.15).

結論:

この有効な質問票は、1型糖尿病を持つ旅行者の準備の度合いを測定するためのものであり、1型糖尿病を持つ旅行者を対象とした研究において有用なツールとなる可能性がある。我々の結果は、旅行前のタイムリーなコンサルテーションや糖尿病合併症のスクリーニングに関して改善が必要であることを示唆している。

CONCLUSIONS: This valid questionnaire for measuring the degree of preparedness of travellers with type 1 diabetes may prove a useful tool in studies involving travellers with type1 diabetes. Our results suggest that improvements are needed in relation to timely pre-travel consultation and screening for diabetic complications.

© International Society of Travel Medicine 2020. All rights reserved. For Permissions, please e-mail: journals.permissions@oup.com.