会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

卵巣癌の主要な制御因子としてのマイクロRNA。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Cell Med.2019;11:2155179019873849. 10.1177_2155179019873849. doi: 10.1177/2155179019873849.Epub 2019-09-06.

卵巣癌の主要な制御因子としてのマイクロRNA。

MicroRNAs as Key Regulators of Ovarian Cancers.

  • Sandeep Satapathy
  • Chanchal Kumar
  • Roshan Kumar Singh
PMID: 32634196 PMCID: PMC6732848. DOI: 10.1177/2155179019873849.

抄録

腫瘍の微小環境は、宿主免疫系と増殖する腫瘍細胞との間の活発な戦いの場と現実的に見ることができます。腫瘍を取り巻くこの反応性の高い空間は、いくつかの可能性を秘めており、腫瘍の新生期から転移期への進行を促進します。細胞内」の視点からがんの生物学を理解するという現代的なアプローチは、複雑で複雑な「細胞外」の事象に大きく挑戦してきました。そのため、腫瘍の微小環境の生物学的理解は、科学的にも臨床的にも大きな関心事となっています。多面的で広範な細胞遺伝子標的を持つ小さなノンコーディングマイクロRNAは、発がんと進行のイベントを制御すると合理的に仮定することができます。マイクロRNAは様々ながんモデルで研究されており、腫瘍微小環境の制御に関与しているという証拠は、多くの関心を集めてきました。特に、がん細胞と周囲の間質成分との相互作用や、そのような相互作用ががん細胞に及ぼす影響を制御する上で、腫瘍微小環境の役割を探ることが大きな関心事となっています。これらのマイクロRNAによる微調整された制御は、エピジェネティックな制御におけるこれらの小さな生体分子の現代的な理解を拡張するものである。本レビューでは、卵巣がんで制御異常を示すマイクロRNA、腫瘍微小環境の構成要素への影響、患者の重症度や予後とそれらの異種発現プロファイルの相関に焦点を当てています。さらに、がん細胞と微小環境を結びつけることが知られているエクソソームマイクロRNAの発現の違いについても考察し、予後・診断マーカーや効果的な治療法の開発を促進する。

The tumor microenvironment can be realistically viewed as an active battle ground between the host immune system and the growing tumor cells. This reactive space surrounding the tumor possesses several possibilities and facilitates the progression of a tumor from a neoplastic stage to that of metastasis. The contemporary approach of understanding the cancer biology from a "within the cell" perspective has been largely challenged with complex and intricate "outside the cell" events. Thus understanding the biology of the tumor microenvironment has been of scientific and clinical interest. Small non-coding microRNAs with a pleotropic and wide range of cellular gene targets can be reasonably hypothesized to regulate the events of carcinogenesis and progression. MicroRNAs have been investigated in different cancer models, and evidence of their involvement in the regulation of the tumor microenvironment has been of much interest. In particular, a major interest has been exploring the role of the tumor microenvironment in regulating the interaction of cancer cells with surrounding stromal components and the effect of such interactions on the cancer cells. Fine-tuned regulation by these microRNAs extends our contemporary understanding of these small biomolecules in epigenetic regulations. This review focuses on microRNAs that are dysregulated in ovarian carcinomas, their effect on the components of the tumor microenvironment, and the correlation of their heterogeneous expression profiles with disease severity and prognosis in patients. In addition, this paper also discusses the differential expression of exosomal microRNAs that are known to link the cancer cell with its microenvironment, facilitating the development of an improved prognostic/diagnostic marker and effective therapeutic regime.

© The Author(s) 2019.