会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

遠隔地のパイロットの手動飛行性能に対する聴覚と視覚フィードバックの効果 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Ergonomics.2020 Jul;:1-44. doi: 10.1080/00140139.2020.1792561.Epub 2020-07-07.

遠隔地のパイロットの手動飛行性能に対する聴覚と視覚フィードバックの効果

Effects of auditory and visual feedback on remote pilot manual flying performance.

  • Matthew J M Dunn
  • Brett R C Molesworth
  • Tay Koo
  • Gabriel Lodewijks
PMID: 32634061 DOI: 10.1080/00140139.2020.1792561.

抄録

遠隔操縦航空機システム(RPAS)は、民間航空の新たな成長を促進してきました。しかし、有人機とは異なり、聴覚的なフィードバックなしで操作され、通常は、遠隔地のパイロットからの直接視界(VLOS)と、車載カメラを介して送信される一人称視点の画像(BVLOS)のあるVLOS以上の視界の2つの条件で飛行している。本研究では、遠隔パイロットのマニュアル飛行性能に対する視聴覚キューイングの有効性を検討した。18人のパイロット(3人の女性)が6つのナビゲーションタスクと12のスポッティングタスクを完了した。パイロットの飛行性能(水平精度、垂直精度、適時性)を、3種類の視覚ディスプレイ(VLOS(コントロール)、BVLOS-モニター、BVLOS-ゴーグル)、リアルタイムの聴覚フィードバックの有無、2種類の風(無風、無風)の条件で調査しました。BVLOS-Monitor条件のナビゲーションタスクでは、水平方向の偏差とタイムリー性が改善され、一方で、聴覚フィードバックは、パイロットのパフォーマンスの改善と低下のニュアンスのある例を生み出しました。これらの結果は、異なるレベルの視聴覚フィードバックと組み合わせたタスクの特異性が、リモートパイロットのパフォーマンスにどのように影響するかを示しています。これらの知見は、将来のRPASにおいてマルチモーダルな動的感覚キューイングを提供することの合理性を支持しています。リモートパイロットのマニュアル飛行の精度と適時性は、平穏な状態と風によるシアーな状態で視聴覚フィードバックを組み合わせて測定されました。リアルタイムの聴覚フィードバックを付加的な感覚的手がかりとして含めることは珍しいことであり、本研究では、手動飛行性能の向上と低下のニュアンスのある例を示した。将来のRPASでは、遠隔地のパイロットが利用できるようなダイナミックな感覚的なキューの提供を検討する必要があります。

Remotely Piloted Aircraft Systems (RPAS) have facilitated new growth in civil aviation. Unlike manned aircraft however, they are operated without auditory feedback and normally flown under two visual conditions: in direct visual-line-of-sight to the remote pilot (VLOS) and beyond VLOS with first-person-view imagery transmitted via onboard cameras (BVLOS). The present research examined the effectiveness of audiovisual cueing on remote pilot manual flying performance. Eighteen pilots (three female) completed six navigation and twelve spotting tasks. Their flying performance (horizontal accuracy, vertical accuracy and timeliness), was examined under three different visual display types (VLOS (Control), BVLOS-Monitor & BVLOS-Goggles), with and without real-time auditory feedback, and two wind component (no wind and wind) conditions. Horizontal deviation and timeliness improved in the BVLOS-Monitor condition navigation task, whilst auditory feedback produced nuanced examples of improved and degraded pilot performance. These results indicate how the specificity of the task, combined with different levels of audiovisual feedback influences remote pilot performance. These findings support the rationalisation for the provision of multimodal dynamic sensory cueing in future RPAS. Accuracy and timeliness of remote pilot manual flying performance was measured under a combination of audiovisual feedback in calm and wind shear conditions. The inclusion of real-time auditory feedback as an additional sensory cue is uncommon; this study demonstrated nuanced examples of improved and degraded manual flying performance. The provision of dynamic sensory cueing made available to remote pilots in future RPAS should be considered.