会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

扁桃リトラクターによる舌水腫は、超音波検査で検出された扁桃摘出手術を受けた小児患者の新たな合併症となりうるか?A Prospective, Case-Controlled, Observational Study | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Ear Nose Throat J.2020 Jul;:145561320934918. doi: 10.1177/0145561320934918.Epub 2020-07-07.

扁桃リトラクターによる舌水腫は、超音波検査で検出された扁桃摘出手術を受けた小児患者の新たな合併症となりうるか?A Prospective, Case-Controlled, Observational Study

Can Tonsillar Retractor-Induced Tongue Edema Be a New Complication in Pediatric Patients Undergoing Tonsillectomy Detected by Ultrasonography? A Prospective, Case-Controlled, Observational Study.

  • Merih Onal
  • Bahar Colpan
  • Cagdas Elsurer
  • Mete Kaan Bozkurt
  • Mehmet Ozturk
  • Ozkan Onal
  • Alparslan Turan
PMID: 32633658 DOI: 10.1177/0145561320934918.

抄録

背景:

扁桃摘出術は、小児患者の最も一般的な外科手術の一つである。扁桃摘出術の際に日常的に使用される扁桃リトラクターは、患者の舌に高い圧力をかけ、様々な合併症を引き起こす可能性がある。

BACKGROUND: Tonsillectomy is one of the most common surgical procedures in pediatric patients. The tonsillar retractor, which is routinely used during a tonsillectomy, applies high pressure to the patient's tongue and can lead to various complications.

AIMS:

本研究では、扁桃摘出手術を受けた小児患者を対象に、超音波検査を用いて扁桃リトラクターによる圧迫によって誘発される舌水腫を調査することを目的とした。

AIMS: This study aimed to explore tongue edema induced by the pressure applied by tonsillar retractor, using ultrasonography in pediatric patients undergoing tonsillectomy surgeries.

材料と方法:

本研究には61人の患者が参加した。扁桃摘出術群には扁桃摘出術を受けた31人の患者が含まれ、対照群には鼠径ヘルニアと割礼手術を受けた30人の患者が含まれていた。舌の扁桃下冠状面超音波検査は、各患者に対して2回実施した。扁桃摘出術群では、1回目の舌領域の検査(TA)は挿管直後に行われたが、扁桃リトラクターの配置前に行われた。2回目の検査(TA)は、扁桃牽引器を外した後の扁桃摘出手術の終了時に、抜管前に行われた。対照群では、初診(TA)は挿管直後に行われ、2回目の診察(TA)は手術終了時に抜管前に行われた。これらの結果を対照群と比較した。

MATERIALS AND METHODS: Sixty-one patients were included in the study. The tonsillectomy group included 31 patients who underwent tonsillectomy surgery, while the control group included 30 patients who underwent inguinal hernia and circumcision surgery. Submental coronal plane ultrasonography examinations of the tongue were performed twice for each patient. In the tonsillectomy group, the first examination of tongue area (TA) was done immediately after intubation but before the placement of tonsillar retractor. The second examination (TA) was done at the end of the tonsillectomy surgery after the removal of the tonsillar retractor but before extubation. In the control group, the first examination (TA) was done immediately after intubation, whereas the second examination (TA) was done at the end of the surgery before extubation. These results were compared with those for the control group.

結果:

人口統計学と挿管時間の点では、各群は類似していた。TAの点では群間に有意差はなかったが(=0.212)、TAの点では有意差があった(=0.000)。また、TA - TA(=0.000)と定義される舌水腫の点でも有意に差があった。

RESULTS: Groups were similar in terms of demographics and intubation duration. Groups did not significantly differ in terms of TA ( = .212), but they significantly differed in terms of TA ( = .000). They also significantly differed in terms of tongue edema defined as TA - TA ( = .000).

結論と意義:

扁桃腺リトラクターは、扁桃腺摘出手術で舌水腫を引き起こします。この舌水腫は、扁桃リトラクターによる圧迫の結果であると考えられる。本研究は、小児患者における扁桃リトラクター誘発性舌水腫の判定に超音波検査が果たす役割を初めて明らかにしたものである。

CONCLUSIONS AND SIGNIFICANCE: Tonsillar retractor does cause tongue edema in tonsillectomy surgeries. This tongue edema seems to be a result of the pressure applied by the tonsillar retractor. This study is the first to demonstrate the possible role of ultrasonography examination in determining the tonsillar retractor-induced tongue edema in pediatric patients.