会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

このように、エピトランスクリプトームによるN6-メチルアデノシン修飾は、神経細胞への直接的な系統変換に必要であることが明らかになった。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
ACS Chem. Biol..2020 Jul;doi: 10.1021/acschembio.0c00265.Epub 2020-07-07.

このように、エピトランスクリプトームによるN6-メチルアデノシン修飾は、神経細胞への直接的な系統変換に必要であることが明らかになった。

Epitranscriptomic N6-methyladenosine modification is required for direct lineage reprogramming into neurons.

  • Hwan Choi
  • Soonbong Baek
  • Byounggook Cho
  • Siyoung Kim
  • Junyeop Kim
  • Yujung Chang
  • Jaein Shin
  • Jongpil Kim
PMID: 32633479 DOI: 10.1021/acschembio.0c00265.

抄録

真核生物のメッセンジャーRNA(mRNA)の保存されたエピトランスクリプトーム修飾であるN6-メチルアデノシン(m6A)は、様々な生物学的プロセスにおいて重要な役割を果たしている。本研究では、m6A修飾が神経細胞への直接的な系統再プログラミングの制御に重要な役割を果たしていることを明らかにした。その結果、神経細胞への直接変換に必要な特定のmRNAのリモデリングにm6A修飾が必要であることを明らかにした。Mettl3ノックダウンによるm6Aメチル化の阻害は、直系化の効率を低下させるが、Mettl3過剰発現によるm6Aメチル化の増加は、iNs生成の効率を増加させることを明らかにした。さらに、転写因子Btg2がm6A修飾の機能的標的であることを明らかにした。以上のことから、本研究の結果は、iNsの生成にはエピトランスクリプトームリモデリングの確立が重要であることを示唆している。

N6-methyladenosine (m6A), a conserved epitranscriptomic modification of eukaryotic messenger RNA (mRNA), plays a critical role in a variety of biological processes. Here, we report that m6A modification plays a key role for governing direct lineage reprogramming into induced neuronal cells (iNs). We found that m6A modification is required for the remodeling of specific mRNAs required for the neuronal direct conversion. Inhibition of m6A methylation by Mettl3 knockdown decreased the efficiency of direct lineage reprogramming, whereas increased m6A methylation by Mettl3 overexpression increased the efficiency of iNs generation. Moreover, we found that transcription factor Btg2 is a functional target of m6A modification for the efficient iNs generation. Taken together, our results suggest the importance of establishing epitranscriptomic remodeling for the cell fate conversion into iNs.