国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

甲状腺機能に対する炭酸リチウムの効果:作用機序と臨床的意味合い | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Physiol. Pharmacol..2020 Apr;71(2). doi: 10.26402/jpp.2020.2.03.Epub 2020-07-02.

甲状腺機能に対する炭酸リチウムの効果:作用機序と臨床的意味合い

Effect of lithium carbonate on the function of the thyroid gland: mechanism of action and clinical implications.

  • A Czarnywojtek
  • M Zgorzalewicz-Stachowiak
  • B Czarnocka
  • N Sawicka-Gutaj
  • P Gut
  • I Krela-Kazmierczak
  • M Ruchala
PMID: 32633237 DOI: 10.26402/jpp.2020.2.03.

抄録

炭酸リチウムは、100年以上前から知られている薬で、精神科治療薬としての使用に成功しています。現在では、単極性うつ病や双極性うつ病の治療薬として、また双極性障害や急性躁病の予防薬として一般的に使用されています。リチウム塩は甲状腺腫、甲状腺機能低下症、まれに甲状腺機能亢進症を発症することがある。本レビューでは、炭酸リチウムの甲状腺への影響について、現在の知見を検討した。2020年2月までに発表されたリチウム療法の甲状腺機能への影響に関する論文をPubmedデータベースとGoogle Scholarで検索した。リチウムの作用機序を分子レベル(薬物動態を含む)で検討し、甲状腺への影響に焦点を当てた研究が含まれていた。気分安定剤としてのリチウムは、複雑な作用機序を持っています。リチウムは、Na/Iイオンの輸送が活発であるため、濃度勾配があるにもかかわらず、血漿中の3~4倍の濃度で甲状腺に蓄積される。サイロサイトにおけるコロイドの形成を阻害したり、サイログロブリンの構造を変化させたり、チロシンのヨウ素化を弱めたり、結合を乱したりする。さらに、血清中の遊離チロキシンのクリアランスを減少させ、それによって間接的に5-ダイオジナーゼ1型および2型の活性を低下させ、肝臓でのこれらのホルモンの脱ヨウ素化を減少させる。以上のことから、本レビューでは、長期のリチウム療法を必要とする患者の甲状腺のモニタリングに関する推奨事項が示されている。リチウム療法の開始前に甲状腺超音波検査を行い、甲状腺ホルモン(fT3およびfT4)、TSH、抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体および抗サイログロブリン抗体のレベルを測定すべきである。甲状腺機能が正常であることを示す場合には、6~12ヶ月間隔でTSH値の測定と甲状腺超音波検査を行い、長期的に観察することが望ましい。

Lithium carbonate, a drug known for more than 100 years, has been successfully used as a psychiatric medication. Currently, it is a commonly used drug to treat patients with unipolar and bipolar depression, and for the prophylaxis of bipolar disorders and acute mania. Lithium salts may cause the development of goiter, hypothyroidism, or rarely hyperthyroidism. The present review examined the current state of knowledge on the effect of lithium carbonate on the thyroid gland. The Pubmed database and Google Scholar were searched for articles related to the effects of lithium therapy on the thyroid gland function published up to February 2020. Studies that examined the mechanism of action of lithium at the molecular level, including pharmacokinetics, and focused on its effects on the thyroid gland were included. Lithium as a mood-stabilizing drug has a complex mechanism of action. Because of the active transport of Na/I ions, lithium, despite its concentration gradient, is accumulated in the thyroid gland at a concentration 3 - 4 times higher than that in the plasma. It can inhibit the formation of colloid in thyrocytes, change the structure of thyroglobulin, weaken the iodination of tyrosines, and disrupt their coupling. In addition, it reduces the clearance of free thyroxine in the serum, thereby indirectly reducing the activity of 5-deiodinase type 1 and 2 and reducing the deiodination of these hormones in the liver. Taken together, this review provides recommendations for monitoring the thyroid gland in patients who require long-term lithium therapy. Prior to the initiation of lithium therapy, thyroid ultrasound should be performed, and the levels of thyroid hormones (fT3 and fT4), TSH, and antithyroid peroxidase and antithyroglobulin antibodies should be measured. If the patient shows normal thyroid function, TSH level measurement and thyroid ultrasound should be performed at 6- to 12-month intervals for long term.