会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

高齢化社会におけるSARS-CoV-2に対するレトルトでの有害な自然免疫応答の開始因子としての活性酸素は、早期の治療介入としてN-アセチルシステインを検討することが必要である。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Toxicol Rep.2020;7:768-771. S2214-7500(20)30336-X. doi: 10.1016/j.toxrep.2020.06.003.Epub 2020-06-18.

高齢化社会におけるSARS-CoV-2に対するレトルトでの有害な自然免疫応答の開始因子としての活性酸素は、早期の治療介入としてN-アセチルシステインを検討することが必要である。

Reactive oxygen species as an initiator of toxic innate immune responses in retort to SARS-CoV-2 in an ageing population, consider N-acetylcysteine as early therapeutic intervention.

  • Aikaterini Nasi
  • Stephanie McArdle
  • Gustav Gaudernack
  • Gabriel Westman
  • Cornelis Melief
  • Johan Rockberg
  • Ramon Arens
  • Demetrios Kouretas
  • Jan Sjölin
  • Sara Mangsbo
PMID: 32632359 PMCID: PMC7301821. DOI: 10.1016/j.toxrep.2020.06.003.

抄録

現在のCOVID-19パンデミックでは、既存の治療薬の評価が非常に重要である。本研究では、現在のパンデミックおよび過去のコロナウイルス感染症の文献レビューをもとに、ウイルス感染が細胞ストレス応答や酸化還元バランスに及ぼす影響を解析した。SARS-CoV2に感染した高齢者や過去のSARS-CoV1発生時には、高レベルの死亡率が認められた。高齢者は、酸化ストレスおよび炎症性サイトカイン産生に関連する慢性的な低レベルの炎症を維持しており、この状態は、この集団におけるウイルス感染の重症度を増加させる。コロナウイルス感染は、細胞内のプロテアソームおよびミトコンドリア機能を変化させるとともに、NAD+生合成、PARP機能を調節することにより、感染した細胞の酸化還元バランスの変化を引き起こし、それにより炎症をさらに悪化させる細胞ストレス応答の亢進につながる可能性があります。活性酸素の産生は、IL-6の産生と脂質過酸化を増加させ、細胞の損傷をもたらします。したがって、COVID-19の間にNACのような抗酸化物質を早期に治療することは、重度の感染につながる過剰な炎症および細胞損傷を回避する方法であり、したがって、介入としての早期のNACは臨床試験の設定で評価されるべきである。

During the current COVID-19 pandemic, a need for evaluation of already available drugs for treatment of the disease is crucial. Hereby, based on literature review from the current pandemic and previous outbreaks with corona viruses we analyze the impact of the virus infection on cell stress responses and redox balance. High levels of mortality are noticed in elderly individuals infected with SARS-CoV2 and during the previous SARS-CoV1 outbreak. Elderly individuals maintain a chronic low level of inflammation which is associated with oxidative stress and inflammatory cytokine production, a condition that increases the severity of viral infections in this population. Coronavirus infections can lead to alterations of redox balance in infected cells through modulation of NAD + biosynthesis, PARP function along with altering proteasome and mitochondrial function in the cell thereby leading to enhanced cell stress responses which further exacerbate inflammation. ROS production can increase IL-6 production and lipid peroxidation resulting in cell damage. Therefore, early treatment with anti-oxidants such as NAC during COVID-19 can be a way to bypass the excessive inflammation and cell damage that lead to severe infection, thus early NAC as intervention should be evaluated in a clinical trial setting.

© 2020 The Authors.