会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

患者の社会的地位に関する情報はどのように収集されるのか】。民間医療現場で採用されている言説の人類学的分析]. | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Rev Epidemiol Sante Publique.2020 Jul;S0398-7620(20)30369-2. doi: 10.1016/j.respe.2020.06.001.Epub 2020-07-03.

患者の社会的地位に関する情報はどのように収集されるのか】。民間医療現場で採用されている言説の人類学的分析].

[How information on a patient's social status is gathered. An anthropological analysis of the discourses employed in private medical practice].

  • C Desprès
PMID: 32631664 DOI: 10.1016/j.respe.2020.06.001.

抄録

背景:

多くの研究では、社会的カテゴリーに応じた医療提供の違いや差別さえも浮き彫りにし、それが不平等を生み出す一因となっていることが示されている。一方で、ヘルスケアシステムがすべての患者を平等に扱い、個人的な困難を考慮に入れない場合、著者の中には「不作為による不平等」を示唆している人もいます。そのため、さまざまなレベルの公衆衛生アクターが、患者の社会的地位に関する情報を体系的に収集することを推奨してきた。本論文の目的は、患者の社会経済状態に関するデータ収集とその影響を分析することである。

BACKGROUND: A number of studies have highlighted differences and even discrimination in health care offer according to social category, and shown that they contribute to the production of inequality. On the other hand, when the health care system treats every patient equally, and does not take personal difficulties into consideration, some authors have suggested inequality "by omission". That is why public health actors at different levels have recommended systematic collection of information on patients' social status. The objective of this article is to analyze data gathering on patients' socio-economic condition and its repercussions.

方法:

本調査は、個人開業の医師・歯科医師を対象とした50回以上の半構造化された対面インタビューに基づいている。彼らの回答には社会人類学的分析が行われた。

METHODS: The survey is based on more than 50 semi-structured face-to-face interviews with doctors and dentists in private practice. Their answers were subjected to socio-anthropological analysis.

結果:

患者の社会的地位に関する情報を系統的な質問によって積極的に収集する開業医もいれば、主観的な基準に基づいて間接的に収集する開業医もいる。患者の状態が無視されたままであることはよくあることであるが、これは通常は関心がないためであり、開業医が恵まれない患者に汚名を着せる危険性がないようにしたいと考えているためではない。これらの態度は、関連する情報を優先する必要がある、公平性と平等性を守りたい、社会的なレッテルを貼らないようにしたい、患者の自尊心を守りたい、開業医と患者の関係を強化したいなど、さまざまな理由で説明できるだろう。識別が行われた場合、それは本質的に、潜在的な社会経済的障害にケア経路を適応させたいという願望によって正当化される。

RESULTS: While some practitioners collect information on patients' social status proactively by systematic interrogation, others proceed indirectly and in accordance with subjective criteria. Quite often, patient status remains ignored, usually due to lack of interest, and less frequently because practitioners wish to guard against any risk of stigmatizing underprivileged patients. Different rationales may explain these attitudes: need to prioritize relevant information, wish to observe equity and equality, determination to refrain from social labeling, desire to protect patient self-esteem and to reinforce the practitioner-patient relationship. When identification does occur, it is essentially justified by a desire to adapt the care pathway to potential socio-economic obstacles.

結論:

民間の医師や歯科医師が患者の社会的状況を尋ねる場合、彼らは主に経済的な障害を考慮してケアパスをカスタマイズすることに関心を持っている。ほとんどの場合、質問をする理由は主観的なものであり、そうすることで、フランス国家が「CMU」(国民皆保険)のような規定によって社会的正義を実現しようとしている分野に、うっかり恣意性を導入してしまうのである。患者の社会的地位を体系的に問うことは、しばしば不適格者に対する無意識の象徴的暴力であるとしても、補足的な形をとることができる。文脈に沿った場合にのみ、そのような質問が適切であると思われる。一方で、ケアや治療に支障をきたすような社会的問題を見逃すと、おそらくこれらの懸念に対処するための「第二のチャンス」はないだろう。開業医の中には、患者の社会的地位に関する質問を適切なタイミングで、文脈に沿って行い、信頼感のある雰囲気の中で行う必要があると強調する人もいる。

CONCLUSION: When a patient's social situation is sought out by private doctors and dentists, they are mainly concerned with customizing care pathways by taking financial impediments into close consideration. In most cases, their justifications for asking questions are subjective; by doing so, they inadvertently introduce arbitrariness in an area where the French state endeavors to produce social justice via provisions such as "CMU" ("universal", across the board health coverage). Systematic questioning on a patient's social status can represent a form of supplementary if unconscious symbolic violence toward frequently disqualified persons; what is more, it runs the risk of inducing stereotypes and manifesting prejudice. Only when contextualized does such questioning seem appropriate. On the other hand, when a practitioner misses out on social issues liable to impede care and treatment, he will probably have no "second chance" to address these concerns. Some practitioners have emphasized a need for suitable timing and contextualizing of questions on a patient's social status, and for putting them forward in a climate of trust.

Copyright © 2020. Published by Elsevier Masson SAS.