会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

セルビアで回収された Acinetobacter baumannii の初の全国規模の多施設研究:OXA-72、OXA-23、NDM-1 産生株の出現 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Antimicrob Resist Infect Control.2020 Jul;9(1):101. 10.1186/s13756-020-00769-8. doi: 10.1186/s13756-020-00769-8.Epub 2020-07-06.

セルビアで回収された Acinetobacter baumannii の初の全国規模の多施設研究:OXA-72、OXA-23、NDM-1 産生株の出現

The first nationwide multicenter study of Acinetobacter baumannii recovered in Serbia: emergence of OXA-72, OXA-23 and NDM-1-producing isolates.

  • Bojana Lukovic
  • Ina Gajic
  • Ivica Dimkic
  • Dusan Kekic
  • Sanja Zornic
  • Tatjana Pozder
  • Svetlana Radisavljevic
  • Nataša Opavski
  • Milan Kojic
  • Lazar Ranin
PMID: 32631451 PMCID: PMC7338125. DOI: 10.1186/s13756-020-00769-8.

抄録

背景:

カルバペネム耐性Acinetobacter baumannii (CRAB) の世界的な出現とクローナルな広がりは、大きな懸念材料となっています。この全国規模の研究の目的は、セルビアで分離された CRAB の有病率を調査し、基礎となる耐性メカニズムとその遺伝的関連性を特徴づけることでした。

BACKGROUND: The worldwide emergence and clonal spread of carbapenem-resistant Acinetobacter baumannii (CRAB) is of great concern. The aim of this nationwide study was to investigate the prevalence of CRAB isolates in Serbia and to characterize underlying resistance mechanisms and their genetic relatedness.

方法:

セルビア全土の入院患者から得られた非冗長な臨床サンプルを、2018年1月から6月にかけて実施されたプロスペクティブで観察的な多施設共同研究に含めた。サンプルは、従来の細菌学的手法を用いてAcinetobacter baumannii-calcoaceticus(Acb)複合体の存在を最初にスクリーニングした。細菌感染が確認された入院患者から得られた臨床サンプルから回収されたAcb複合体は、A. baumanniiの存在についてさらに評価された。bla遺伝子の検出およびrpoB遺伝子の配列解析により種レベルでの同定を行った.感受性試験はディスクディフュージョン法とブロスマイクロダイリューション法で行った.CRAB分離株については、後天性カルバペネマーゼ(bla、blabla、bla、bla、bla、bla、bla、bla、bla、bla)の存在をPCR法により検査した。クローンの関連性は、パルスフィールドゲル電気泳動(PFGE)および多焦点配列タイピング(MLST)によって評価した。

METHODS: Non-redundant clinical samples obtained from hospitalized patients throughout Serbia were included in the prospective, observational, multicenter study conducted from January to June 2018. Samples were initially screened for the presence of Acinetobacter baumannii-calcoaceticus (Acb) complex using conventional bacteriological techniques. Acb complexes recovered from clinical samples obtained from inpatients with confirmed bacterial infections were further evaluated for the presence of A. baumannii. Identification to the species level was done by the detection of the bla gene and rpoB gene sequence analysis. Susceptibility testing was done by disk diffusion and broth microdilution method. CRAB isolates were tested for the presence of acquired carbapenemases (bla, blabla, bla, bla, bla, bla, bla, bla, bla) by PCR. Clonal relatedness was assessed by pulsed-field gel electrophoresis (PFGE) and multilocus sequence typing (MLST).

結果:

Acb複合体は臨床検体2401例中280例(11.6%)から分離された.全体では、Acb複合体280例中237例でA. baumanniiが同定された(84.6%)。CRAB有病率は93.7%(237/222)であった。イミペネムのMIC/MICは8/>32μg/mL,メロペネムのMICは16/>32μg/mLであった。コリスチン(95.7%,n=227)およびチゲサイクリン(75.1%,n=178)は高い感受性を示したが,10株(4.3%)は汎薬剤耐性に分類された。カルバペネマーゼをコードする遺伝子は98株(44.2%),76株(34.5%),7株(3.2%)であった。PFGE解析により6つの異なるクラスターが確認された。MLST解析では3つのSTが同定された。ST2(n=13)、ST492(n=14)、ST636(n=10)であった。得られた結果から、セルビアで循環している CRAB のクローンは以下の通りであると評価されました:bla/bla/ST2 (32.4%)、bla/bla/bla/ST2 (2.7%)、bla/bla/ST492 (37.8%)、および bla/bla/ST636 (27.1%)。

RESULTS: Acb complex was isolated in 280 out of 2401 clinical samples (11.6%). Overall, A. baumannii was identified in 237 out of 280 Acb complex (84.6%). CRAB prevalence was found to be 93.7% (237/222). The MIC/MIC for imipenem and meropenem were 8/> 32 μg/mL and 16/> 32 μg/mL, respectively. Although susceptibility was high for colistin (95.7%; n = 227) and tigecycline (75.1%; n = 178), ten isolates (4.3%) were classified as pandrug-resistant. The following carbapenemases-encoding genes were found: 98 (44.2%) bla, 76 (34.5%) bla, and 7 (3.2%) bla. PFGE analysis revealed six different clusters. MLST analysis identified three STs: ST2 (n = 13), ST492 (n = 14), and ST636 (n = 10). Obtained results evaluated that circulating CRAB clones in Serbia were as follows: bla/bla/ST2 (32.4%), bla/bla/bla/ST2 (2.7%), bla/bla/ST492 (37.8%), and bla/bla/ST636 (27.1%).

結論:

本研究では、セルビアのCRAB分離株の中にbla, bla, bla遺伝子が出現し、そのクローン増殖により、A. baumannii臨床分離株の中にカルバペネム耐性の割合が極めて高いことが明らかになりました。

CONCLUSION: This study revealed extremely high proportions of carbapenem resistance among A. baumannii clinical isolates due to the emergence of bla, bla, and bla genes among CRAB isolates in Serbia and their clonal propagation.