会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

免疫組織化学的手法を用いた結腸ポリープおよび結腸癌と診断されたスーダンの患者におけるヘリコバクター・ピロリの有病率 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Res Notes.2020 Jul;13(1):322. 10.1186/s13104-020-05159-2. doi: 10.1186/s13104-020-05159-2.Epub 2020-07-06.

免疫組織化学的手法を用いた結腸ポリープおよび結腸癌と診断されたスーダンの患者におけるヘリコバクター・ピロリの有病率

Prevalence of Helicobacter pylori among Sudanese patients diagnosed with colon polyps and colon cancer using immunohistochemistry technique.

  • Aziza K Mohamed
  • Nazik M Elhassan
  • Zahra A Awhag
  • Fadwa S Ali
  • Eman T Ali
  • Najwa A Mhmoud
  • Emmanuel E Siddig
  • Rowa Hassan
  • Eiman S Ahmed
  • Azam Fattahi
  • Ayman Ahmed
  • Mohamed S Muneer
  • Hussam A Osman
  • Nouh S Mohamed
  • Ali M M Edris
PMID: 32631443 DOI: 10.1186/s13104-020-05159-2.

抄録

目的:

ヘリコバクター・ピロリ菌に感染すると,胃炎や胃がんの発症率が高くなることから,クラス1の発がん性物質に分類されている.本研究は、大腸ポリープおよび大腸がん患者におけるヘリコバクター・ピロリ菌の有病率を調査することを目的としている。2017年2月から6月にかけて、病院ベースの記述的横断的研究を実施した。結腸ポリープおよび結腸癌患者から採取した69個のホルマリン固定パラフィンブロックを用いて、免疫組織化学的手法を用いてH. pyloriを検出した。

OBJECTIVES: Infection with the bacteria Helicobacter pylori has been classified as class one carcinogen associated with increasing susceptibility of gastritis and gastric carcinoma. This study is aiming at investigating the prevalence of H. pylori among colon polyps and colon cancer patients. A descriptive cross-sectional hospital-based study was conducted between February and June 2017. Sixty-nine formalin-fixed paraffin blocks collected from colon polyps and colon cancer patients to detect H. pylori using immunohistochemistry technique.

結果:

対象となった69名のうち、男性39名(56.5%)、女性30名(43.5%)で、年齢は21歳から80歳、平均年齢は47.1±19.7歳であった。結腸ポリープと大腸がん69例のうち、44例(63.8%)が腺がん、10例(14.5%)が大腸炎、15例(21.7%)が若年性ポリープ症症候群と診断された。免疫組織化学法の結果、H.ピロリ菌感染陽性は16例(23.2%)であった。この16例のうち、13例(81.3%)が腺癌と診断され、3例(18.7%)が若年性ポリープと診断された。結腸ポリープと結腸癌患者の間でH. pyloriを検出した結果,H. pylori感染と腺癌との間には統計学的に有意な関連が認められた(P値0.028).

RESULTS: Of the 69 patients included in the study, 39 (56.5%) males and 30 (43.5%) were females, their age ranged from 21 to 80 years with a mean age of 47.1 ± 19.7. Of the 69 colon polyps and colon cancer patients, 44 (63.8%) were diagnosed as adenocarcinoma, 10 (14.5%) colitis, 15 (21.7%) juvenile polyposis syndrome. The results of immunohistochemistry technique showed the presence of 16 (23.2%) positive patients for H. pylori infection. Of these 16, 13 (81.3%) patients were diagnosed with adenocarcinoma and 3 (18.7%) patients were diagnosed with juvenile polyps. The results of H. pylori detection among the different colon polyps and colon cancer patients were showing a statistically significant association for H. pylori infection and adenocarcinoma, P value 0.028.