会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリンとメソポーラス生物活性ガラスナノ粒子の、歯列矯正用接着剤における抗菌・抗石灰化特性に対する相乗効果。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Nanomaterials (Basel).2020 Jun;10(7). E1282. doi: 10.3390/nano10071282.Epub 2020-06-30.

2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリンとメソポーラス生物活性ガラスナノ粒子の、歯列矯正用接着剤における抗菌・抗石灰化特性に対する相乗効果。

Synergetic Effect of 2-Methacryloyloxyethyl Phosphorylcholine and Mesoporous Bioactive Glass Nanoparticles on Antibacterial and Anti-Demineralisation Properties in Orthodontic Bonding Agents.

  • Se Young Park
  • Kyung-Hyeon Yoo
  • Seog-Young Yoon
  • Woo-Sung Son
  • Yong-Ii Kim
PMID: 32629909 DOI: 10.3390/nano10071282.

抄録

2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン(MPC)は抗菌作用や蛋白質忌避作用が知られており,メソポーラス生物活性ガラスナノ粒子(MBN)は再石灰化作用があることが知られている.本研究では,MPCとMBNを様々な割合で歯列矯正用接着剤と混合した場合の抗菌・再石灰化効果を評価した.MPCとMBNは、CharmFil-Flow(CF)中で以下の重量割合で混合した。CF、3%MPC、5%MPC、3%MPC+3%MBN、3%MPC+5%MBNであった。MPCおよびMBNの含有量が多くなると、樹脂の機械的特性が低下した。MPCが5%では、CF(せん断接着強さ)に関して機械的性質が有意に低下し、MPCのゲル化が生じ、タンパク質吸着に関しては対照群と比較して有意な差は認められなかった。組成物 3% MPC + 5% MBN は、疎水性樹脂組成物の割合が減少し、CF(91.8 ± 4.8.8μg/mL)、3%MPC(73.9±2.6μg/mL)、3%MPC+3%MBN(69.4±3.6μg/mL)、3%MPC+5%MBN(55.9±1.6μg/mL)であった。およびに対する実験では、MPCおよびMBNの添加は有意な抗菌効果をもたらした。別の実験では,MPCを添加すると抗脱灰効果が改善され,MBNを追加添加すると相乗効果が得られた。また、MPCとMBNを歯列矯正用結合剤に対して適切な割合で添加した場合には、撥蛋白効果、抗菌効果、脱灰防止効果が改善された。このように、この組み合わせはホワイトスポット病変を治療するための代替手段となり得る。

2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine (MPC) is known to have antibacterial and protein-repellent effects, whereas mesoporous bioactive glass nanoparticles (MBN) are known to have remineralisation effects. We evaluated the antibacterial and remineralisation effects of mixing MPC and MBN at various ratios with orthodontic bonding agents. MPC and MBN were mixed in the following weight percentages in CharmFil-Flow (CF): CF, 3% MPC, 5% MPC, 3% MPC + 3% MBN, and 3% MPC + 5% MBN. As the content of MPC and MBN increased, the mechanical properties of the resin decreased. At 5% MPC, the mechanical properties decreased significantly with respect to CF (shear bond strength), gelation of MPC occurred, and no significant difference was observed in terms of protein adsorption compared to the control group. Composition 3% MPC + 5% MBN exhibited the lowest protein adsorption because the proportion of hydrophobic resin composite decreased; CF (91.8 ± 4.8 μg/mL), 3% MPC (73.9 ± 2.6 μg/mL), 3% MPC + 3% MBN (69.4 ± 3.6 μg/mL), and 3% MPC + 5% MBN (55.9 ± 1.6 μg/mL). In experiments against and , addition of MPC and MBN resulted in significant antibacterial effects. In another experiment, the anti-demineralisation effect was improved when MPC was added, and when MBN was additionally added, it resulted in a synergetic effect. When MPC and MBN were added at an appropriate ratio to the orthodontic bonding agents, the protein-repellent, antibacterial, and anti-demineralisation effects were improved. This combination could thus be an alternative way of treating white spot lesions.