会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

大腿骨、脛骨、上腕骨の四肢肉腫の治療における生物学的再建。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Medicine (Baltimore).2020 Jul;99(27):e20715. 00005792-202007020-00024. doi: 10.1097/MD.0000000000020715.

大腿骨、脛骨、上腕骨の四肢肉腫の治療における生物学的再建。

Biological reconstruction in the treatment of extremity sarcoma in femur, tibia, and humerus.

  • Weitao Yao
  • Qiqing Cai
  • Jiaqiang Wang
  • Peng Zhang
  • Xin Wang
  • Xinhui Du
  • Xiaohui Niu
PMID: 32629645 DOI: 10.1097/MD.0000000000020715.

抄録

腫瘍切除後の長肢悪性骨腫瘍に対する生物学的再建術の実現可能性、臨床効果、合併症に関する理解を目的とする.本研究は、2007年1月から2019年1月までの間に当院で治療を受けた悪性骨腫瘍患者80例を対象としたレトロスペクティブ研究である。腫瘍切除後の骨移植は、皮間骨移植52例、骨関節骨移植28例であった。移植された骨には、脱臼したリサイクル骨、線維性骨、アログラフトが含まれていた。平均追跡期間は80例で42.19ヵ月、うち15例(18.75%)が死亡した。5年EFSは58%、OSは69%であった。再植骨の平均長さは18.57"Zs_200A"cmであった。MSTSスコアは、骨間骨移植で87.24%、骨関節骨移植で64.00%であった。骨幹部23例(44.23%)、骨幹部26例(32.5%)では、最初の段階で骨移植片の癒合が得られていた。骨癒合に影響を与える因子は、患者の性別、年齢、骨の脱臼法、移植骨が完全に固定されているかどうかであった。術後合併症は、骨癒合遅延15例、骨折25例、非癒合22例、骨吸収14例、術後感染症4例であった。骨移植を行った28例は再手術を必要とし、内固定の置換、自家骨移植、デブリードメント、内固定の除去、補綴物への置換を含む再手術を必要とした。

To understand the feasibility, clinical effect, and complications related to biological reconstruction techniques for long limb malignant bone tumors after excision.This retrospective study included eighty patients with malignant bone tumors treated at our hospital between January 2007 and January 2019. After tumor resection, 52 cases of intercalary and 28 cases of osteoarticular bone grafts were used. The implanted bone included devitalized recycling bone, fibular, and allograft.The average follow up period was 42.19 months for 80 patients, among whom 15 (18.75%) died. The 5-year EFS and OS were 58% and 69%, respectively. The average length of the replanted bone was 18.57 cm. The MSTS scores of intercalary and osteoarticular bone grafts were 87.24% and 64.00%, respectively. In 23 cases (44.23%) of metaphyseal and 26 cases (32.5%) of the diaphysis, bone graft union was obtained at the first stage. The factors affecting bone union were the patient's gender, age, devitalization bone methods and whether the implanted bone was completely fixed. Postoperative complications included delayed bone union in 15 patients, fractures in 25 cases, nonunion in 22 cases, bone resorption in 14 cases, and postoperative infection in 4 cases. Twenty-eight cases of bone grafting required revision surgery, including replacement of internal fixation, autologous bone graft, debridement, removal of internal fixation, and replacement with prosthetic replacement.Biological reconstructions with massive bone grafts are useful in the reconstruction of certain malignant extremity bone tumors after wide excision.