会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

南アジアにおけるごみ焼却 - 地域の大気質にとってどれほど重要か? | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Environ. Sci. Technol..2020 Jul;doi: 10.1021/acs.est.0c02830.Epub 2020-07-06.

南アジアにおけるごみ焼却 - 地域の大気質にとってどれほど重要か?

Garbage Burning in South Asia - How important is it to regional air quality?

  • Eri Saikawa
  • Qianru Wu
  • Min Zhong
  • Alexander Avramov
  • Kirpa Ram
  • Elizabeth A Stone
  • Chelsea Stockwell
  • Thilina Jayarathne
  • Arnico Panday
  • Robert Yokelson
PMID: 32628470 DOI: 10.1021/acs.est.0c02830.

抄録

南アジアにおける大気汚染の増加は、この地域の大気質と人間/生態系の健康に深刻な影響を与えている。インドやネパールを含む南アジアは、高濃度のエアロゾルやガス状汚染物質を含む深刻な大気汚染に悩まされている。この地域の大気汚染に寄与している無視されがちな原因の一つは、ゴミの燃焼である。これは、多様な燃料を燃やしている多数の小規模な野外火災に関連しており、その活動と排出量を定量化することは困難である。本研究では、新しい観測データ、新しいインベントリ、地域化学物質輸送モデルを用いて、ごみ焼却による総排出量と地域の大気汚染への寄与を定量化することを試みた。2015年4月に実施された最近のフィールドキャンペーンであるNepal Ambient Monitoring and Source Testing Experiment(NAMaSTE)の排出係数(EFs)を新たに利用した。化学物質輸送モデル - Weather Research and Forecasting model coupled with Chemistry version 3.5 (WRF-Chem) - と3つの排出シナリオを用いて、オープンゴミ燃焼排出が地域の大気質に与える影響を評価しました。私たちの結果は、ごみ焼却による排出がインドとネパールでPM濃度を30%近く上昇させ、この2カ国で慢性閉塞性肺疾患による30万人の早死にをもたらす可能性があることを示しています。

Increasing air pollution in South Asia has serious consequences for air quality and human/ecosystem health within the region. South Asia, including India and Nepal, suffers from severe air pollution, including high concentrations of aerosols, as well as gaseous pollutants. One of the often-neglected sources contributing to the regional air pollution is garbage burning. It is mostly related to numerous yet small, open, uncontrolled fires burning diverse fuels, making it difficult to quantify activity and emissions. In this study, we attempted to quantify the total emissions due to garbage burning and its contribution to regional air quality, using new observational data, a new inventory, and a regional chemical transport model. We implemented the newly-available emission factors (EFs) from a recent field campaign, Nepal Ambient Monitoring and Source Testing Experiment (NAMaSTE), which took place in April 2015. Using a chemical transport model - Weather Research and Forecasting model coupled with Chemistry version 3.5 (WRF-Chem) - and three emission scenarios, we assessed the impact of open garbage burning emissions on regional air quality. Our results show that garbage burning emissions could increase PM concentrations by nearly 30% in India and Nepal, and result in ~300,000 premature deaths from chronic obstructive pulmonary disease in the two countries.