国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

とタバコとアルコールに関連した頭頸部扁平上皮がん患者の転帰のばらつき | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Tumour Biol..2020 Jul;42(7):1010428320938494. doi: 10.1177/1010428320938494.

とタバコとアルコールに関連した頭頸部扁平上皮がん患者の転帰のばらつき

and variations in outcomes of tobacco- and alcohol-related head and neck squamous cell carcinoma patients.

  • Ericka Francislaine Dias Costa
  • Tathiane Regine Penna Lima
  • Leisa Lopes-Aguiar
  • Guilherme Augusto Silva Nogueira
  • Marília Berlofa Visacri
  • Julia Coelho França Quintanilha
  • Eder Carvalho Pincinato
  • Luciane Calonga
  • Fernanda Viviane Mariano
  • Albina Messias de Almeida Milani Altemani
  • João Maurício Carrasco Altemani
  • Patrícia Moriel
  • Carlos Takahiro Chone
  • Celso Dario Ramos
  • Carmen Silvia Passos Lima
PMID: 32628088 DOI: 10.1177/1010428320938494.

抄録

頭頸部扁平上皮癌患者では、放射線治療やシスプラチンが細胞死につながるが、臨床病理学的に類似した患者では、有害事象や治療に対する反応性は同じではない。本プロスペクティブ研究の目的は、シスプラチン化学放射線療法を受けた頭頸部扁平上皮癌患者の毒性、奏効率、生存率におけるc.215G>C、c.-671A>G、c.-1378G>A、c.-844C>T、c.-1191A>G、およびc.-182-247G>Tの単一ヌクレオチドバリアントの役割を評価することであった。ゲノムDNAをポリメラーゼ連鎖反応で解析し、ジェノタイピングを行った。患者群間の差をカイ二乗検定またはフィッシャーの厳密検定、多重ロジスティック回帰分析、Coxハザードモデルで分析した。頭頸部扁平上皮がん患者119人が本研究に登録された。すべての患者は喫煙者および/またはアルコール依存症であった。c.-671GG遺伝子型、c.-671AGまたはGG遺伝子型、およびc.-844CC遺伝子型では、グレード2~4の化学放射線関連貧血、グレード3または4のリンパ球減少症、および全グレードの耳毒性を呈する確率が、それぞれ5.52(95%信頼区間(CI):1.42~21.43)、4.03(95%CI:1.51~10.79)、5.77(95%CI:1.23~27.04)と、残りの遺伝子型を有する者と比較して高かった。また、GG遺伝子型は、我々の頭頸部扁平上皮癌患者において、イベントフリー生存期間(ハザード比:2.05;0.007)および全生存期間(HR:1.83;0.02)の短縮の独立した予測因子として認められた。これらの知見は、c.-671A>Gおよびc.-844C>Tの一塩基変異に関連するアポトーシス経路の異常が、タバコおよびアルコール関連の頭頸部扁平上皮癌患者の毒性および生存率を変化させる可能性があることを初めて予備的に示すものである。

Radiotherapy and cisplatin lead to cell killing in head and neck squamous cell carcinoma patients, but adverse events and response to treatment are not the same in patients with similar clinicopathological aspects. The aim of this prospective study was to evaluate the roles of c.215G > C, c.-671A > G, c.-1378G > A, c.-844 C > T, c.-1191A > G, and c.-182-247G > T single nucleotide variants in toxicity, response rate, and survival of cisplatin chemoradiation-treated head and neck squamous cell carcinoma patients. Genomic DNA was analyzed by polymerase chain reaction for genotyping. Differences between groups of patients were analyzed by chi-square test or Fisher's exact test, multiple logistic regression analysis, and Cox hazards model. One hundred nine patients with head and neck squamous cell carcinoma were enrolled in study. All patients were smokers and/or alcoholics. Patients with c.-671GG genotype, c.-671AG or GG genotype, and c.-844CC genotype had 5.52 (95% confidence interval (CI): 1.42-21.43), 4.03 (95% CI: 1.51-10.79), and 5.77 (95% CI: 1.23-27.04) more chances of presenting chemoradiation-related anemia of grades 2-4, lymphopenia of grade 3 or 4, and ototoxicity of all grades, respectively, than those with the remaining genotypes. c.-671GG genotype was also seen as an independent predictor of shorter event-free survival (hazard ratio (HR): 2.05;   0.007) and overall survival (HR: 1.83;   0.02) in our head and neck squamous cell carcinoma patients. These findings present, for the first time, preliminary evidence that inherited abnormalities in apoptosis pathway, related to c.-671A > G and c.-844 C > T single nucleotide variants, can alter toxicity and survival of tobacco- and alcohol-related head and neck squamous cell carcinoma patients homogeneously treated with cisplatin chemoradiation.