会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

野原癌化に対する日中光線力学的治療の臨床的、病理組織学的、免疫組織化学的評価:30例の研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Dermatolog Treat.2020 Jul;:1-7. doi: 10.1080/09546634.2020.1789042.Epub 2020-07-07.

野原癌化に対する日中光線力学的治療の臨床的、病理組織学的、免疫組織化学的評価:30例の研究

Clinical, histopathological and immunohistochemical evaluation of daylight photodynamic therapy in the treatment of field cancerization: a study of 30 cases.

  • Beatrice Martinez Zugaib Abdalla
  • Bruna Simas Pedreiro
  • Andrezza Garcia Morales
  • Debora Krutman Zveibil
  • Francisco Macedo Paschoal
PMID: 32628053 DOI: 10.1080/09546634.2020.1789042.

抄録

背景:

光線性角化症(AK)は、扁平上皮癌(SCC)の前駆体である前悪性病変である。光線性角化症(AK)に隣接する正常な皮膚では、新しい新生物の潜在的なリスクを持つ初期の突然変異が見られることがあり、現在では野原がん化(FC)として知られています。

BACKGROUND: Actinic keratosis (AK) are pre-malignant lesions, precursors of squamous cell carcinoma (SCC). Normal skin adjacent to AK, may present initial mutations with potential risk for new neoplasms, currently known today as field cancerization (FC).

目的:

メチルアミノレブリン酸(MAL)を用いた日中光線力学療法(PDT)の有効性を、臨床評価、組織学的検査、p53とKi67の免疫組織化学的発現に基づいて評価すること。

OBJECTIVES: To evaluate the effectiveness of daylight photodynamic therapy (PDT) with methyl amino levulinate (MAL) based on clinical evaluation, histological examination and immunohistochemical expression of p53 and Ki67.

材料および方法:

35歳以上の患者30名、フォトタイプはI~IIIで、顔面または頭皮に非肥厚性AKを呈した。昼光PDTの前と60日後に病変部と隣接する皮膚を2mmのパンチで生検した。結果は以下の通りであった。病変厚とKi67に改善が認められた。19例(63.33%)の病変に-値<.05の異型改善が認められ、治療効果を示した。日中PDT後、22例(73.33%)で満足のいく審美的改善が認められた。

MATERIAL AND METHODS: Thirty patients, over 35 years old, phototypes between I and III, presenting non-hypertrophic AK on the face or scalp. Two biopsies with 2 mm punch of the lesion and adjacent skin before and 60 days after daylight PDT were performed. Results: Improvement was seen in lesion thickness and Ki67. 19 (63.33%) lesions had atypia improvement with a -value <.05, showing efficacy in treatment. After daylight PDT, 22 (73.33%) patients showed satisfactory esthetic improvement.

結論:

本研究では、PDTが異型細胞を減少させ、Ki67の発現を制御して異型細胞の増殖を抑制することから、発がん抑制の適応を支持する細胞・分子効果を有することが示された。しかし、本試験後の適応は、サンプル数が少ないためか、現時点ではまだ皮膚の臨床的改善を主目的としたものとなっている。

CONCLUSION: The study shows that PDT has cellular and molecular effects that support its indication in the control of carcinogenesis, as it decreases atypia and controls the expression of Ki67, reducing the proliferation of atypical cells. However, its indication following this study is still mainly aimed at clinical improvement of the skin, at this moment, probably due to the sample size.