会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

初期の海綿体がんに対するKTPレーザー治療。多施設レトロスペクティブ研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Ann. Otol. Rhinol. Laryngol..2020 Jul;:3489420938100. doi: 10.1177/0003489420938100.Epub 2020-07-04.

初期の海綿体がんに対するKTPレーザー治療。多施設レトロスペクティブ研究

KTP Laser Treatment of Early Glottic Cancer: A Multi-Institutional Retrospective Study.

  • Noah P Parker
  • Mark S Weidenbecher
  • Aaron D Friedman
  • Brian A Walker
  • David G Lott
PMID: 32627613 DOI: 10.1177/0003489420938100.

抄録

目的:

主な目的は、早期の喉頭がん(EGC)に対するチタニルリン酸カリウム(KTP)レーザー(TLM-KTP)を用いた経口的レーザーマイクロサージェリーの腫瘍学的転帰を報告することであった。副次的な目的は、声の転帰を報告し、転帰に影響を及ぼす可能性のある因子を分析することであった。

OBJECTIVES: The primary objectives were to report oncologic outcomes of transoral laser microsurgery with potassium-titanyl-phosphate (KTP) laser (TLM-KTP) ablation of early glottic cancer (EGC). The secondary objectives were to report vocal outcomes and to analyze factors that might influence outcomes.

方法:

T1またはT2の喉頭蓋扁平上皮がんに対してTLM-KTPアブレーションを受け、少なくとも2年以上の追跡調査を行った連続した患者の多施設レトロスペクティブ解析が行われた。喉頭疾患のために放射線または手術を受けたことのある患者は除外された。

METHODS: A multi-institutional, retrospective analysis of consecutive patients treated for T1 or T2 glottic squamous cell carcinoma undergoing TLM-KTP ablation with at least 2 years of follow-up was performed. Patients with prior radiation or surgery for laryngeal disease were excluded.

含まれる主要な成果測定項目:

放射線または喉頭切除術を必要とする手術失敗、疾患特異的生存期間(DSS)、全生存期間(OS)。副次的転帰指標には、術前および術後のVoice Handicap Index-10(VHI-10)スコアが含まれていた。喫煙状態、病期、前連節浸潤が転帰に及ぼす影響を分析した。

PRIMARY OUTCOME MEASURES INCLUDED: surgical failures requiring radiation or laryngectomy, disease-specific survival (DSS), and overall survival (OS). Secondary outcome measures included: pre- and postoperative Voice Handicap Index-10 (VHI-10) scores. The effects of smoking status, stage, and anterior commissure involvement on outcomes were analyzed.

結果:

全体で88人の患者が包含基準を満たした(男性83%、現在または過去の喫煙者79.5%)。平均年齢は68歳(標準偏差(SD):12)であった。平均追跡期間は39.5ヵ月(SD:15.3)であった。病期分類は、3つの変節性二次原始を含む50のT1a、21のT1b、および20のT2腫瘍を含んでいた。放射線および/または喉頭切除を回避した患者は87/88例(98.9%)であり、そのうち24例がKTP再治療を必要とした。生検で証明された再発患者は2例(2.3%)であったが、再治療を受けた24例中21例のみが正式な生検を受けていた。喉頭がんで死亡した患者はいなかった。DSSは100%、OSは92.3%であった。平均VHI-10スコアは術前19.3、術後6ヵ月目3.8、術後2年目3.8であった。喫煙者は再治療までの間隔が長く(=.03)、T2病変の患者は再治療までの間隔が短く(0.02)、T2病変の患者は初期のVHI-10スコアが悪かった(0.002)。

RESULTS: Overall 88 patients met inclusion criteria (83% male, 79.5% current or former smokers). Mean age was 68 (standard deviation (SD): 12). Mean follow-up was 39.5 months (SD: 15.3). Staging included 50 T1a, 21 T1b, and 20 T2 tumors, including three metachronous second primaries. Radiation and/or laryngectomy avoidance was achieved in 87/88 (98.9%) of patients, inclusive of 24 patients requiring KTP re-treatments. Two patients had biopsy-proven recurrence (2.3%), but only 21 of 24 re-treated patients received a formal biopsy. No patients died from laryngeal cancer. DSS and OS were 100% and 92.3%, respectively. The mean VHI-10 scores were 19.3 preoperatively, 3.8 at 6-months postop, and 3.8 at 2-years postop. Smokers had a longer interval to re-treatment ( = .03), patients with T2 lesions had a shorter interval to re-treatment (0.02), and patients with T2 lesions presented with worse initial VHI-10 scores (0.002).

結論:

EGCに対してTLM-KTPアブレーションを行った多施設のレトロスペクティブな症例シリーズでは、綿密なサーベイランスと積極的な再治療が行われた場合、優れた腫瘍学的転帰が示された。疾患特異的生存率、全生存率、声帯機能は良好であった。この治療法のメリットとリスクをさらに分析するためには、追加の研究が必要である。

CONCLUSIONS: A multi-institutional, retrospective case series of TLM-KTP ablation of EGC demonstrated excellent oncologic outcomes when close surveillance and proactive re-treatments were utilized. Disease-specific survival, overall survival, and vocal function were excellent. Additional studies are necessary to further analyze the merits and risks of this treatment approach.