会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

深側眼窩壁減圧術の転帰に影響を与える眼窩解剖学的パラメータ | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Eur J Ophthalmol.2020 Jul;:1120672120941433. doi: 10.1177/1120672120941433.Epub 2020-07-06.

深側眼窩壁減圧術の転帰に影響を与える眼窩解剖学的パラメータ

Orbital anatomical parameters affecting outcome of deep lateral orbital wall decompression.

  • Mohammad Taher Rajabi
  • Mohammadreza Tabary
  • SeyedMahbod Baharnoori
  • Mirataollah Salabati
  • Raziyeh Mahmoudzadeh
  • Farideh Hosseinzadeh
  • S Saeed Mohammadi
  • Robert A Goldberg
PMID: 32627588 DOI: 10.1177/1120672120941433.

抄録

目的:

深側眼窩壁減圧術の手術成績に影響を与える眼窩解剖学的パラメータを決定する。

PURPOSE: To determine orbital anatomical parameters that affect surgical outcome of deep lateral orbital wall decompression.

方法:

甲状腺眼疾患による中等度眼瞼下垂症(最大25mm)で、少なくとも6ヶ月間安定していた患者20人の眼窩をこの前向きコホート研究に含めた。これらの患者の手術前に、側方眼窩壁距離(LOWD)、取り外し可能な表面積(RSA)、取り外し可能な表面長さ(RSL)、蝶形骨ドアジャンブ厚さ(SDJ)の4つのパラメータをCTスキャンで評価した。また、すべての患者において、脂肪除去を行わずに深側眼窩壁減圧術を行った。これらの因子と術後6ヶ月後の眼瞼下垂の減少との関係を評価した。

METHODS: Twenty orbits of 20 patients with moderate proptosis (maximum 25 mm) due to thyroid eye disease who were stable for at least 6 months were included in this prospective cohort study. Four parameters including lateral orbital wall distance (LOWD), removable surface area (RSA), removable surface length (RSL), and sphenoid door jamb thickness (SDJ) were evaluated by computed tomography (CT) scan prior to surgery in these patients. Deep lateral orbital wall decompression without fat removal was done in all patients. Relationship between all these factors and proptosis reduction, 6 months after surgery was assessed.

結果:

減圧手術前の平均眼瞼下垂(平均±SD)は23.22±1.19mm、ヘルテル外眼圧下垂(平均±SD)は-3.27±1.03mm(=0.006)であった。ピアソン相関では、LOWD、RSL、SDJはプロトーシス減少と統計的に有意な相関を示した(それぞれ0.017、0.002、0.001)。線形多変量回帰分析では、手術成績を予測する唯一の独立因子としてSDJが示された。

RESULTS: Mean proptosis before decompression surgery (mean ± SD) was 23.22 ± 1.19 mm and reduction in Hertel exophthalmometry (mean ± SD) was -3.27 ± 1.03 mm ( = 0.006). Pearson correlation showed that LOWD, RSL, and SDJ had statistically significant correlation with proptosis reduction ( = 0.017, 0.002, and 0.001, respectively.). Linear multivariate regression analysis showed SDJ as the only independent factor in predicting surgical outcome.

結論:

深部側壁眼窩減圧術後の手術成績を予測する上で、いくつかの眼窩解剖学的因子が重要な役割を果たしている。これらのパラメータのうち、SDJは独立因子であり、LOWDとRSLは従属因子である。術前の骨蝶形骨の解剖学的評価は、減圧の可能性を予測する上で有用であると考えられる。

CONCLUSION: several orbital anatomical factors have significant role in predicting surgical outcome following deep lateral wall orbital decompression. Among these parameters, SDJ is an independent factor, whereas LOWD and RSL are dependent factors. Preoperative assessment of the bony sphenoid anatomy may be helpful in predicting the amount of potential decompression.