会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

三青煎じ薬のオーバルバム誘発喘息マウスへの効果と肺におけるTRPV2の発現について | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Zhongguo Zhong Yao Za Zhi.2020 Jun;45(11):2619-2625. doi: 10.19540/j.cnki.cjcmm.20200323.401.

三青煎じ薬のオーバルバム誘発喘息マウスへの効果と肺におけるTRPV2の発現について

[Effect of San'ao Decoction on ovalbum induced asthmatic mice and expression of TRPV2 in lung].

  • Jing-Jing Zhang
  • Meng-Wen Li
  • Xin-Sheng Fan
  • Yue Zhu
PMID: 32627497 DOI: 10.19540/j.cnki.cjcmm.20200323.401.

抄録

本研究では、三青煎じ薬の肺内拡散作用と喘息緩和効果、および喘息緩和時の一過性受容体電位V2(TRPV2)発現への介入効果を調べるために、オーバルブミン(OVA)誘発喘息マウスモデルを再現し、気道炎症および気道過敏反応性に対する三青煎じ薬の介入効果を検討しました。肺組織におけるTRPV2のmRNAおよびタンパク質発現、ならびに気管支肺胞液中のインターロイキン-4(IL-4), -10(IL-10)、神経成長因子(NGF)、プロスタグランジンD_2(PGD_2)の発現量に対するSADの制御機構について検討した。モデル群は対照群と比較して、典型的な喘息表現型を示し、末梢血および気管支肺胞液中の好酸球(EOS)のレベルが上昇し、気道過敏性も増加し(P<0.01)、肺組織の病理学的損傷が深刻であった。肺組織のTRPV2のmRNAとタンパク質発現は有意に増加し、BALFのIL-4、IL-10、NGF、PGD_2のレベルは上昇した(P<0.05,P<0.01)。SAD は修理された肺の patholo-gical 変更(P<0.05)として明らかにされた気管支喘息を取り除き、血および BALF(P<0.05、P<0.01)の EOS のレベルを減らし、肺の抵抗および肺の承諾(P<0.05、P<0.01)を改善できます。SADはまた、BALFのIL-4、IL-10、NGF、PGD_2の炎症性サイトカインレベルを調節し、肺組織のTRPV2の遺伝子とタンパク質発現を減少させることができました(P<0.05、P<0.01)。このことから、SAD が喘息マウスの肺炎症を抑制し、肺機能を改善することが確認されました。また、SADの喘息に対する作用機序は、TRPV2の発現調節とTh2関連サイトカインや神経ペプチドの減少に関係している可能性があり、SADによる喘息治療のエビデンスを提供するものと考えられた。

To observe the efficacy of San'ao Decoction(SAD) in diffusing the lung and relieving asthma, and its intervention effect on the expression of transient receptor potential V2(TRPV2) during alleviating asthma, this study replicated an ovalbumin(OVA)-induced asthmatic mice model, and investigated the intervention effect of SAD on the airway inflammation and airway hyperresponsiveness. The regulatory mechanisms of SAD on the mRNA and protein expressions of TRPV2 in lung tissues and the levels of interleukin-4(IL-4),-10(IL-10), nerve growth factor(NGF), prostaglandin D_2(PGD_2) in bronchoalveolar lavage fluid(BALF) were discussed. Compared with the control group, the model group showed typical asthmatic phenotype, the level of eosinophils(EOS) in peripheral blood and BALF as well as the airway hyperresponsiveness were increased(P&lt;0.01), and pathological damage in lung tissue was serious. The mRNA and protein expressions of TRPV2 in lung tissue were increased significantly, while the levels of IL-4, IL-10, NGF and PGD_2 in BALF were elevated(P&lt;0.05,P&lt;0.01). SAD could relieve bronchial asthma manifested as repaired lung patholo-gical changes(P&lt;0.05), reduce the level of EOS in blood and BALF(P&lt;0.05, P&lt;0.01), and improve pulmonary resistance and lung compliance(P&lt;0.05, P&lt;0.01). SAD could also regulate the inflammatory cytokine levels of IL-4, IL-10, NGF, PGD_2 in BALF, and reduce the gene and protein expression of TRPV2 in the lung tissue(P&lt;0.05, P&lt;0.01). It is verified that SAD could reduce the lung inflammation, and improve lung function in asthmatic mice. The regulatory mechanism of SAD on asthma induced by OVA might be related to the regulation of TRPV2 expression and the induced decrease of Th2-related cytokines and neuropeptides, which provides the evidences for the treatment of asthma with SAD.