会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

遺伝子組み換えトウモロコシの食品および飼料用の評価(EC)No. | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
EFSA J.2018 May;16(5):e05280. EFS25280. doi: 10.2903/j.efsa.2018.5280.Epub 2018-05-24.

遺伝子組み換えトウモロコシの食品および飼料用の評価(EC)No.

Assessment of genetically modified maize 4114 for food and feed uses, under Regulation (EC) No 1829/2003 (application EFSA-GMO-NL-2014-123).

  • Hanspeter Naegeli
  • Andrew Nicholas Birch
  • Josep Casacuberta
  • Adinda De Schrijver
  • Mikołaj Antoni Gralak
  • Philippe Guerche
  • Huw Jones
  • Barbara Manachini
  • Antoine Messéan
  • Elsa Ebbesen Nielsen
  • Fabien Nogué
  • Christophe Robaglia
  • Nils Rostoks
  • Jeremy Sweet
  • Christoph Tebbe
  • Francesco Visioli
  • Jean-Michel Wal
  • Fernando Àlvarez
  • Michele Ardizzone
  • Konstantinos Paraskevopoulos
  • Hermann Broll
  • Yann Devos
  • Antonio Fernandez Dumont
  • Jose Ángel Gómez Ruiz
  • Anna Lanzoni
  • Franco Maria Neri
  • Irina Olaru
  • Nikoletta Papadopoulou
PMID: 32625917 PMCID: PMC7009370. DOI: 10.2903/j.efsa.2018.5280.

抄録

トウモロコシは、Cry1F、Cry34Ab1、Cry35Ab1 由来のタンパク質を発現させることで、特定の鱗翅目害虫およびコレオプテラ ン害虫からの保護を提供し、また、PAT 由来のタンパク質を発現させることで除草活性成分であるグルフォシン酸アンモニウムに対する耐性を提供するため に、媒介的形質転換を行って開発された。 分子特性データからは、食用・飼料用の安全性評価を必要とする問題は確認されなかった。トウモロコシと非遺伝子組み換え(GM)コンパレータの間で確認された組成、農学的、表現型の違いは、いずれも更なる評価を必要とするものではありませんでした。新たに発現したタンパク質 Cry1F、Cry34Ab1、Cry35Ab1、PAT の潜在的な毒性とアレルゲン性に関する懸念はなく、遺伝子組み換えがトウモロコシ 4114 の全体的なアレルゲン性を大幅に変化させる可能性があるという証拠はありませんでした。トウモロコシ 4114 に由来する食物/飼料の栄養価は、非遺伝子組み換えトウモロコシ品種に由来するものと異なることは予想されず、食物/飼料の市販後モニタリングは必要ないと考えられています。生存可能なトウモロコシ 4114 粒が環境に偶発的に放出された場合、トウモロコシ 4114 は環境安全性の懸念を生じさせないであろう。市販後の環境モニタリング計画と報告間隔は、トウモロコシの意図された用途に沿ったものである。遺伝子組み換え生物(GMO)パネルは、本申請の範囲内で、人と動物の健康と環境への潜在的な影響に関して、トウモロコシは、非遺伝子組み換え比較対象品種および非遺伝子組み換え参照品種と同等の安全性があると結論づけています。

Maize 4114 was developed through -mediated transformation to provide protection against certain lepidopteran and coleopteran pests by expression of the Cry1F, Cry34Ab1 and Cry35Ab1 proteins derived from , and tolerance to the herbicidal active ingredient glufosinate-ammonium by expression of the PAT protein derived from . The molecular characterisation data did not identify issues requiring assessment for food/feed safety. None of the compositional, agronomic and phenotypic differences identified between maize 4114 and the non-genetically modified (GM) comparator(s) required further assessment. There were no concerns regarding the potential toxicity and allergenicity of the newly expressed proteins Cry1F, Cry34Ab1, Cry35Ab1 and PAT, and no evidence that the genetic modification might significantly change the overall allergenicity of maize 4114. The nutritional value of food/feed derived from maize 4114 is not expected to differ from that derived from non-GM maize varieties and no post-market monitoring of food/feed is considered necessary. In the case of accidental release of viable maize 4114 grains into the environment, maize 4114 would not raise environmental safety concerns. The post-market environmental monitoring plan and reporting intervals are in line with the intended uses of maize 4114. The genetically modified organism (GMO) Panel concludes that maize 4114 is as safe as the non-GM comparator(s) and non-GM reference varieties with respect to potential effects on human and animal health and the environment in the context of the scope of this application.

© 2018 European Food Safety Authority. EFSA Journal published by John Wiley and Sons Ltd on behalf of European Food Safety Authority.