会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

バーチャル咬合器を用いた下顎位置評価のためのデジタルアプローチ | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Prosthet Dent.2020 Jul;S0022-3913(20)30256-0. doi: 10.1016/j.prosdent.2020.04.002.Epub 2020-07-02.

バーチャル咬合器を用いた下顎位置評価のためのデジタルアプローチ

A digital approach to the evaluation of mandibular position by using a virtual articulator.

  • Jae Hyun Park
  • Gye-Hyeong Lee
  • Da-Nal Moon
  • Jong-Cheol Kim
  • Mirinae Park
  • Kyung-Min Lee
PMID: 32624222 DOI: 10.1016/j.prosdent.2020.04.002.

抄録

本手技報告の目的は、CRO(centric relation occlusion)とMIP(maximal intercuspation position)の両方で下顎の位置を評価するための完全にデジタル化された手技について述べることである。この手法は、単一のコーンビームコンピュータ断層撮影(CBCT)画像に基づいて、上顎歯列と下顎歯列の位置に関するデータを仮想咬合器に転送するもので、患者のCBCTスキャンは、患者の上顎歯列と下顎歯列の位置に基づいて行われた。患者のCBCTスキャンはCROで行い、上顎と下顎の歯型は口腔内スキャナーでCROとMIPの両方でスキャンしました。モデルCROスキャンデータを仮想咬合器プログラムを用いてCBCT画像の歯部に登録し、仮想フェイスボー移乗処理と装着を行った。仮想咬合器は左右のコンディル内極と右眼窩に配置した。下顎位置は、CROとMIPの両方で下顎位置のデータを重ね合わせて評価した。グリッド機能を用いて定量的な三次元計測を行った。このプロトコルに基づき、1回のCBCTスキャンと口腔内スキャンのデータをもとに、患者の上顎歯列の位置を仮想咬合器に転送する完全デジタルアプローチが可能となりました。この技術により、CROやMIPにおける下顎歯列位置の変化を評価するための従来のフェイスボウ転送とマウントプロセス、および複雑な検査手順を排除することができます。

The purpose of this technique report was to describe a fully digital technique to evaluate the mandibular position both in centric relation occlusion (CRO) and maximal intercuspation position (MIP). The procedure transfers data relative to the position of the maxillary and mandibular dentition to a virtual articulator based on a single cone beam computed tomography (CBCT) image. A CBCT scan of the patient was obtained in CRO, and the maxillary and mandibular casts were scanned both in CRO and MIP with an intraoral scanner. The model CRO scan data were registered on the dental part of the CBCT image by using a virtual articulator program, and a virtual facebow transfer process and mounting was performed. The virtual articulator was positioned in the right and left condyle medial pole and right orbitale. The mandibular position was evaluated in CRO and MIP by superimposing the data of the mandible position in both CRO and MIP. A quantitative 3D measurement was obtained by using the grid function. Based on this protocol, it is possible to use a fully digital approach to transfer the position of a patient's maxillary dentition to a virtual articulator based on the data from a single CBCT scan and intraoral scans. This technique eliminates the traditional facebow transfer and mounting process and complicated laboratory procedures for evaluating mandibular positional changes in CRO and MIP.

Copyright © 2020 Editorial Council for the Journal of Prosthetic Dentistry. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.