会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

論説解説。第三世代の自己軟骨移植-長期的には足場の上に細胞を播種しているのか? | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Arthroscopy.2020 Jul;36(7):1939-1941. S0749-8063(20)30417-5. doi: 10.1016/j.arthro.2020.05.004.

論説解説。第三世代の自己軟骨移植-長期的には足場の上に細胞を播種しているのか?

Editorial Commentary: Third-Generation Autologous Chondrocyte Implantation-Are Cells Seeded Onto the Scaffold Itself in It for the Long Run?

  • Christopher L McCrum
PMID: 32624127 DOI: 10.1016/j.arthro.2020.05.004.

抄録

自己軟骨移植(ACI)は、急速に技術が進化しており、ますます行われるようになってきている。第一世代のACIでは骨膜パッチを使用していましたが、第二世代ではI型III型コラーゲン膜を使用して自己軟骨細胞を覆い、最終的には第三世代では足場自体に自己軟骨細胞を播種しています。第三世代の足場を用いたACI技術がより広く利用できるようになるにつれ、特にこれらの手技に関連する費用が高いことを考えると、長期的な臨床結果やX線写真の結果に対する関心は高まり続けている。現在、いくつかの研究では、長期追跡調査で持続的に改善された臨床結果が示されており、第三世代のACI手技の利用が増加していることを裏付けている。しかし、第三世代ACIの限界と期待値、特に再手術に関する理解を深めるとともに、技術の違いを評価できる質の高い長期研究をデザインし続けることが重要である。

Autologous chondrocyte implantation (ACI) is an increasingly performed procedure, with rapidly evolving technology. First-generation ACI used a periosteal patch, leading to the second generation, in which a type I-type III collagen membrane is used to cover the autologous chondrocytes, and ultimately the third generation, in which autologous chondrocytes are seeded onto the scaffold itself. As third-generation, scaffold-based ACI techniques are becoming more widely available, interest in the long-term clinical and radiographic outcomes continues to grow, especially given the high costs associated with these procedures. Several studies have now shown persistently improved clinical outcomes at long-term follow-up, which support the increasing utilization of third-generation ACI techniques. However, it is important to continue to develop our understanding of the limitations of and expectations with third-generation ACI, particularly regarding reoperation, as well as to continue to design high-quality long-term studies that can evaluate differences in technology.

Copyright © 2020 Arthroscopy Association of North America. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.