会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

自然流産と胎盤組織から検出されたものとの関連性 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Epidemiol. Infect..2020 Jun;148:e126. S0950268820001302. doi: 10.1017/S0950268820001302.Epub 2020-06-22.

自然流産と胎盤組織から検出されたものとの関連性

Association of spontaneous abortion and detected in placental tissue.

  • C N T Oliveira
  • M T S Oliveira
  • H B M Oliveira
  • L S C Silva
  • R S Freire
  • M N Santos Júnior
  • M V Oliveira
  • J Timenetsky
  • G B Campos
  • L M Marques
PMID: 32624035 PMCID: PMC7339087. DOI: 10.1017/S0950268820001302.

抄録

自然流産は、感染症を含むいくつかの原因を持つ公衆衛生上の問題と考えられています。感染症の中でも、膣微生物叢の細菌やUreaplasma parvumが中絶と関連しているが、それらの関与についてはさらに解明が必要である。本研究では、自然流産の進展に対するMollicutesの影響を評価することを目的としている。自然流産を受けた女性と正常分娩の女性(対照)を対象に研究を行った。定量的ポリメラーゼ連鎖反応法を用いてMollicutesを同定するために、子宮頸管粘液(CM)と胎盤組織のサンプルを採取した。流産した 89 名の女性と正常妊娠の 20 名の女性を調査した。胎盤組織中のMollicutesの存在は,流産に至る確率を7倍に高めた.自然流産を経験した女性における U. parvum の有病率は,胎盤組織で 66.3%であった.胎盤組織のサンプルからのU. parvumの検出と中絶との間には正の関連が観察されました。胎盤組織中の微生物負荷は、対照群と比較して、M. hominis、U. uralyticum、U. parvumについて有意な増加が認められた。妊婦のCM中にU. parvumが検出されると、胎盤組織の領域まで上昇し、自然流産の引き金となる可能性がある。

Spontaneous abortion is considered a public health problem having several causes, including infections. Among the infectious agents, bacteria of the vaginal microbiota and Ureaplasma parvum have been associated with abortion, but their participation needs to be further elucidated. This study aims to evaluate the influence of Mollicutes on the development of spontaneous abortion. Women who underwent spontaneous abortion and those with normal birth (control) were studied. Samples of cervical mucus (CM) and placental tissue were collected to identify Mollicutes using the quantitative polymerase chain reaction methodology. Eighty-nine women who had a miscarriage and 20 women with normal pregnancies were studied. The presence of Mollicutes in placental tissue increased the chance of developing miscarriage sevenfold. The prevalence of U. parvum in women who experienced spontaneous abortion was 66.3% in placental tissue. A positive association was observed between the detection of U. parvum in samples of placental tissue and abortion. There was a significant increase in microbial load in placental tissue for M. hominis, U. urealyticum and U. parvum compared to the control group. Detection of U. parvum in CM in pregnant women can ascend to the region of the placental tissue and trigger a spontaneous abortion.