会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

薬物治療に関連した顎骨壊死症(MONJ)における治療アプローチと管理アルゴリズム:集学的専門家グループの提言 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Arch Osteoporos.2020 Jul;15(1):101. 10.1007/s11657-020-00761-0. doi: 10.1007/s11657-020-00761-0.Epub 2020-07-04.

薬物治療に関連した顎骨壊死症(MONJ)における治療アプローチと管理アルゴリズム:集学的専門家グループの提言

Therapeutic approach and management algorithms in medication-related osteonecrosis of the jaw (MONJ): recommendations of a multidisciplinary group of experts.

  • Monique Chalem
  • Adriana Medina
  • Ana Karina Sarmiento
  • Deyanira Gonzalez
  • Carlos Olarte
  • Edgar Pinilla
  • Jorge Paz
  • Noemi Casas
  • Maria Paula Vega
  • Edna Diaz
PMID: 32623599 DOI: 10.1007/s11657-020-00761-0.

抄録

背景:

このコンセンサスの正当性は、薬剤関連顎骨壊死症(MONJ)の予防、評価、治療について、医師や歯科医師を巻き込んだローカルプロトコルが存在しないことであり、脆弱性骨折の予防には有益であるにもかかわらず、抗骨吸収療法の中止につながっている(40~70%)。これらの骨折は、骨粗鬆症患者(0.01~0.03%)や癌患者(1.3~1.8%)ではMONJに関連するリスクが低いのに対し、障害と死亡率(それぞれ80%と20~30%)を引き起こす。

BACKGROUND: The justification for this consensus is the absence of local protocols on Medication-Related Osteonecrosis of the Jaws (MONJ), for prevention, evaluation, and treatment, involving physicians and dentists, leading to suspension of antiresorptive treatments, despite their benefit in the prevention of fragility fractures (40-70%). These fractures cause disability and mortality (80% and 20-30%, respectively), as opposed to the low risk associated with MONJ in osteoporotic (0.01-0.03%) and oncological patients (1.3-1.8%).

目的:

さまざまな臨床シナリオにおけるMONJの予防、診断、治療のために、医療従事者を導くアルゴリズムを通じた管理勧告を提供すること。

PURPOSE: To provide management recommendations through algorithms that guide health professionals to prevent, diagnose, and treat MONJ in different clinical scenarios.

方法:

骨粗鬆症や顎骨壊死の分野で豊富な経験を持つ専門家で構成された集学的技術チームが、Fundación Santa Fé(コロンビア、ボゴタ)とAsociación Colombiana de Osteoporosis y Metabolismo Mineral(コロンビア骨粗鬆症・メタボリズム・ミネラル協会)から選出された。質問の定義、デルファイ法を用いた回答、合意を得るための質問の議論の3つのラウンドが行われました。全グループが2段階で参加し、開発者グループはラウンド数の合計で参加した。臨床的関連性のある設問を設計するために、学術的な支援を得るために文献レビューを実施した。

METHOD: A technical multidisciplinary team composed of specialists with extensive experience in osteoporosis or osteonecrosis of the jaw from Fundación Santa Fé (Bogotá, Colombia) and the Asociación Colombiana de Osteoporosis y Metabolismo Mineral was selected. Three rounds were carried out: definition of questions, answers using Delphi methodology, and the discussion of questions in order to have an agreement. The whole group participated in two phases, and the developer group in the total number of rounds. A literature review was conducted to obtain academic support to design questions with clinical relevance.

結果と結論:

コンセンサスグループは、歯科治療を必要とする骨粗鬆症患者で抗酸剤治療を受けていない患者、抗酸剤治療中の骨粗鬆症患者、がん患者、MONJ導入患者の4つのシナリオを想定した臨床アルゴリズムに沿って、医師や歯科医師にとって有用な定義と推奨事項を作成した。骨粗鬆症患者やがん患者における治療アプローチは、侵襲的な歯科処置においては、リスク・ベネフィットに頼らざるを得ない。

RESULTS AND CONCLUSIONS: The consensus group generated definitions and recommendations useful for doctors and dentists, following clinical algorithms involving four scenarios: osteoporosis patient who requires dental procedures and has not received antiresorptives, osteoporosis patient who are under treatment with antiresorptives, cancer patients, and MONJ-instituted patients. The therapeutic approach in osteoporosis and cancer patients, in invasive dental procedures, must be relied on the risk-benefit treatment.