会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

形成外科手術における術前計画のためのバーチャルおよび拡張現実。システマティックレビュー。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Plast Reconstr Aesthet Surg.2020 May;S1748-6815(20)30262-X. doi: 10.1016/j.bjps.2020.05.081.Epub 2020-05-26.

形成外科手術における術前計画のためのバーチャルおよび拡張現実。システマティックレビュー。

Virtual and augmented reality for preoperative planning in plastic surgical procedures: A systematic review.

  • M D Vles
  • N C O Terng
  • K Zijlstra
  • M A M Mureau
  • E M L Corten
PMID: 32622713 DOI: 10.1016/j.bjps.2020.05.081.

抄録

背景:

バーチャルおよび拡張現実(VRおよびAR)は、デジタル情報の3次元可視化を可能にする急速に発展している技術である。

BACKGROUND: Virtual and augmented reality (VR and AR) are fast-developing technologies that allow the three-dimensional visualization of digital information.

目的:

本システマティックレビューは、形成外科手術の術前計画におけるVRとARの適用を従来の方法と比較することを目的としたものである。

OBJECTIVE: This systematic review aimed to compare the application of VR and AR to conventional methods in preoperative planning of plastic surgical procedures.

方法:

Embase、Medline(Ovid)、Web-of-Science、Cochrane、Google Scholarの各データベースで2019年10月11日にシステマティックな文献検索を行った。術前計画のためのARおよび/またはVRと従来の方法を比較したすべての文献を収集した。手技の技術的精度、手術時間、合併症、介入全体のコストのうち少なくとも1つのアウトカムを研究した論文のみが含まれた。

METHOD: A systematic literature search was conducted in Embase, Medline (Ovid), Web-of-Science, Cochrane, and Google Scholar databases on October 11, 2019. All literature comparing AR and/or VR with conventional methods for preoperative planning was collected. Only articles that studied at least one of the following outcomes were included: technical accuracy of the procedure, operative time, complications, and costs of total intervention.

結果:

VRに関する論文は見つかりませんでした。AR補助を用いて行われた介入に関する論文は6件であった。下顎角骨切り術および口腔内下顎ディストラクションにおいて、ARは従来の方法と比較して骨切り術の精度に有意に優れていることが示された。滑舌性斜頭症と眼窩高位矯正において、ARを使用することで正確な骨切り術が可能であることが示された。DIEPフラップ術における術中穿孔部の同定は、ドップラー超音波と比較してARを使用した方が正確であった。DIEPフラップ手技と下顎角骨切り術では、ARを使用した場合、術後のハーベスティング時間(p < 0.012)と手術時間(p < 0.01)がそれぞれ有意に短縮された。術前計画にARを使用することのコストに関する論文はなかった。

RESULTS: No articles on VR were found. Six articles were found on interventions performed with AR assistance. AR showed to be significantly better for the accuracy of osteotomies in mandibular angle osteotomies and intraoral mandible distraction compared to conventional methods. For synostotic plagiocephaly and orbital hypertelorism correction, the use of AR demonstrated a precise osteotomy. Intraoperative perforator identification in DIEP flap procedures was more accurate with AR compared to Doppler ultrasound. Harvesting time (p < 0.012) and operative time (p < 0.01) in DIEP-flap procedures and mandibular angle osteotomies, respectively, were significantly reduced if AR was used. No articles were found regarding the costs of using AR for preoperative planning.

結論:

AR技術は、形成外科医がより正確に、より安全に、より迅速に手術を行うのを支援する可能性を秘めている。形成外科手術における術前計画のためのVR技術に関する研究は不足している。臨床結果や費用対効果に関するデータなど、より多くの比較研究が必要である。

CONCLUSION: AR technology has the potential to assist the plastic surgeon in operating more accurately, safely, and fast. Studies on VR technology for preoperative planning in plastic surgery are lacking. More comparative studies are necessary, including data on clinical outcomes and cost-effectiveness.

Copyright © 2020 Elsevier Ltd. All rights reserved.