会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

黄色ブドウ球菌Nora流出ポンプ阻害剤の最新情報。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Curr Top Med Chem.2020 Jul;CTMC-EPUB-107896. doi: 10.2174/1568026620666200704135837.Epub 2020-07-04.

黄色ブドウ球菌Nora流出ポンプ阻害剤の最新情報。

An Update on Staphylococcus aureus NorA Efflux Pump Inhibitors.

  • Kadja Luana Chagas Monteiro
  • Thiago Mendonça de Aquino
  • Francisco Jaime B Mendonça Junior
PMID: 32621719 DOI: 10.2174/1568026620666200704135837.

抄録

背景:

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌やバンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌は、世界的に深刻な感染症を引き起こす病原体であり、真の公衆衛生上の脅威となる問題を引き起こしている。黄色ブドウ球菌では、最も効率的な多剤耐性システムはNora流出ポンプである。このため、流出ポンプ阻害剤の同定が重要である。

BACKGROUND: Methicillin-resistant and vancomycin-resistant Staphylococcus aureus are pathogens causing severe infectious diseases that pose real public health threats problems worldwide. In S. aureus, the most efficient multidrugresistant system is the NorA efflux pump. For this reason, it is critical to identify efflux pump inhibitors.

目的:

この論文では、S. aureus NorA の流出ポンプを阻害することで抗生物質耐性のモジュレーターとして作用する新しい天然および合成化合物の最新情報を紹介する。

OBJECTIVE: In this paper we present an update of the new natural and synthetic compounds that act as modulators of antibiotic resistance through the inhibition of the S. aureus NorA efflux pump.

結果:

抗生物質の活性を回復させることができるいくつかの化合物が耐性菌に対して同定されており,Nora流出ポンプ阻害剤として作用している。最も有望な化合物はキノリン類,インドール類,ピリジン類,フェノール類,含硫複素環であった。しかし、これらの化合物は構造的に多様性が高いため、より有望な活性や特性を持つ化合物を設計するための構造-活性相関関係を確立することは困難でした。

RESULTS: Several classes of compounds capable to restoring the antibiotic activity have been identified against resistant-S. aureus strains, acting as NorA efflux pump inhibitors. The most promising classes of compounds were quinolines, indoles, pyridines, phenols, and sulfur-containing heterocycles. However, the substantial degree structural diversity of these compounds makes it difficult to establish good structure-activity correlations that allow design of compounds with more promising activities and properties.

結論:

エフラックスポンプ阻害剤として作用する新規抗生物質アジュバントの探索には多大な努力が払われており、いくつかの有望な結果が得られているにもかかわらず、現在のところ、ヒトまたは獣医学的に認可されたエフラックスポンプ阻害剤や臨床試験中の抗生物質は存在しない。残念なことに,感染制御戦略はペニシリンの発見以来変わらず,ほとんどの取り組みは,使用可能な抗生物質の寿命を延ばし,同時に細菌抵抗性のメカニズムと戦うことよりも,新しいクラスの抗生物質を発見することに焦点が当てられているようである。

CONCLUSION: Despite substantial efforts put forth in the search for new antibiotic adjuvants that act as efflux pump inhibitors, and despite several promising results, there are currently no efflux pump inhibitors authorized for human or veterinary use, or in clinical trials. Unfortunately, it appears that infection control strategies have remained the same since the discovery of penicillin, and that most efforts remain focused on discovering new classes of antibiotics, rather than trying to prolong the life of available antibiotics, and simultaneously fighting mechanisms of bacterial resistance.

Copyright© Bentham Science Publishers; For any queries, please email at epub@benthamscience.net.